参加学生の声(木谷 葵さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年2月5日 更新 ]

木谷 葵 (Aoi Kitani)

木谷葵 写真1

 今、中期留学を終えて一カ月が経ちましたが、振り返ってみると本当にこのプログラムに参加してよかったなと心から思います。私は高校生のころから留学に興味があり、色々な条件が整っている社会起業学科に入学することを決めました。
 三カ月間のカナダ留学は本当にあっという間に過ぎていき、特に残りの滞在が一か月を切ると、時の経過の早さにびっくりしました。そのように感じるのは、この留学が私にとって、非常に貴重なもので充実していたからだと思います。まず、QSOEのルールとして、毎日ALL ENGLISHというものがありました。私のクラスは日本人が多かったのですが、先生はもちろん日本人とも、英語のみで会話し授業に参加していました。そのためリスニング、スピーキング力の低かった私は、はじめはこのルールに苦戦し、伝えたいことをうまく伝えることができなかったり、聞き取ることができなかったりして、とてももどかしく感じました。しかし、常に先生や他のクラスの外国人と積極的にコミュニケーションをとることを忘れずにした結果、そのルールにも慣れていき、色々なことが理解出来るようになって嬉しくなり、また、以前の自分と比べた時に成長を感じることができました。さらに私はホストファミリーとの時間をなるべくとるようにしていました。学校が終わって家に帰った後は、必ずホストマザーと今日あった出来事を話しました。彼女は、本当に優しい人で、私のつたない英語もいつも真剣に聞いてくれました。また、ホストシスターは私との会話の中で、私の英語が間違っていたり、理解していないときは訂正して優しく教えてくれました。彼女達だけに限らず、カナダ人にはとてもおおらかで優しい人が多く、ためらわずに会話ができて、住みやすい環境であったと思います。これらも自分が成長できた要因の一つだと思います。

木谷葵 写真2

 他にも、カナダで新しい友達ができたり、プログラム中にアメリカに旅行したり、スクールトリップでは念願だったナイアガラの滝も見ることができました。
 最後に、この留学では英語力向上を図るだけでなく将来について考えたり、いつもは当たり前のことが、当たり前ではないことに気づけたりして、以前の自分とは違う考え方を持つようになりました。これからはこの留学で得たものを無駄にせず、チャレンジ精神を忘れないで生活していきたいです。

木谷葵 写真3