参加学生の声(中村 颯さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2016年10月5日 更新 ]

中村 颯 (Soh Nakamura)

中村くん写真1

 私は今回のこのカナダ英語短期留学に参加して本当に良かったと思います。まず私がこのプログラムに参加しようと思った理由はただただ英語が話したい、日本みたいに堅苦しい生活より海外のようにラフな生活がしたいと思ったからです。
 留学に行くまでは英語にはそれなりに自信がありました。決して誇れるものではないですが英検二級は持っていましたし、TOEICのリスニングパートや所属していたボランティア活動で留学生と関わるプログラムに携わったこともあり、リスニングとスピーキングには自信がありました。しかし実際にクイーンズ大学に行き、クラス分けテストを受けてみて、担当の先生にもスピーキングなどは挑戦していていいのだが文法が無茶苦茶ということを伝えられてびっくりしました。先生は宿題が多いことで有名で、実際に本当にこれでもかというくらい本当にたくさんの宿題が毎日のように出ました。しかし、毎度の先生の丁寧でわかりやすい指導と面白い人柄のおかげで三ヶ月間苦労なく過ごすことができました。

中村くん写真2

 僕は放課後はKSSCというスポーツクラブのサッカーチームに所属して、毎週木曜日にクイーンズ大学のメインキャンパスのグラウンドでアマチュア同士が楽しむサッカーをしていました。周りはみんな外国人ばかりで話す機会はたくさんありました。例えば、試合後のチームメイトとの懇親会や、試合の作戦会議などです。今後このプログラムの参加者におすすめするのは、このスポーツクラブに限らず、なにかにチャレンジすることです。留学する前は外国人としか話さないようにしようと息込んでいても、実際に現地に行ってみると日本人が多くて思った以上につまらないものに感じてしまいがちです。実際私がそうでした。なのでクラスにいる他国からの留学生と交流するのも一つですが、私はなにか現地のグループでのアクティビティに身を投じることをすすめたいと思います。たとえそれがお金のかかることだったとしてもです。
 また、外食する機会をたくさん設けましょう。会話する機会が圧倒的に増えるし、現地の食事を楽しむことも貴重な経験です。もちろんホストマザーのご飯もおいしいので割合は人それぞれでいいと思います。
 兎にも角にも何事にもチャレンジしましょう。

中村くん 写真3