参加学生の声(千葉 祐也さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2016年10月5日 更新 ]

千葉 祐也 (Yuya Chiba)

千葉さん写真1

 カナダでの三か月の生活は私にとってとても良い経験になり、留学後の日本での生活の糧になりました。私が社会起業学科に入った目的の一つにこの社会起業学科の語学留学がありました。そして、この留学は私の期待を大きく超える経験を私に与えてくれました。行く前は正直なところ、期待や楽しみよりも不安や心配の方が大きかったです。しかし向こうで生活している間にたくさんの楽しいことが私を変えてくれました。そのうちの一つとして、スクールトリップがとても留学を楽しめる要因になりました。クイーンズ大学の方から毎日、放課後やお昼休みにさまざまなアクティビティーという学校生活をより楽しめるプログラムが用意されていました。その中にカナダの様々なところに行けるスクールトリップというプログラムがありました。首都であるオタワや観光地であるトロント、モントリオールなどの場所を観光できました。その中で観光しながら英語を使うことにより自分の英語力をアップでき、また他のプログラムから来ていた留学生と仲良くなり、次の日からのカナダでの生活を充実したものにできました。日本に帰ってきてからも、カナダで仲良くなった日本人留学生と遊びに行ったりしています。

千葉さん写真2

 また他にも、ホームステイでの生活も留学の中で重要なことだと考えました。私は一度ホームステイ先を変更しました。そのおかげか、変更先のホームステイでは学校以外で英語を使う機会がたくさん増え、また日常生活で使う英語表現を学ぶことができました。ホストファミリーの方もとても親切な方々で家族の一人として暖かく接してくれました。月に何回かはどこかに出かけとても楽しいホームステイ生活を過ごすことができました。
 最後に学校での授業は学ぶことが多い楽しい授業だったと思いました。日本の授業では机に座ったまま先生の言ったことをノートに書いたり、問題を解いたりと座ったままの授業がほとんどですが、クイーンズの授業はペアワークでいろんな人と話したりゲームをしたり学校を散歩したりしてじっとしている時間が少なく、楽しみながら英語を学ぶことができました。
 以上からこの留学を振り返った時に、なにもいうことのない素晴らしい留学だったと感じました。本当に楽しいことだらけであっという間の三か月間でした。