参加学生の声(橋口歩実さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

橋口 歩実 (Ayumi Hashiguchi)

橋口さん写真1

 私はこの短期留学で日本では得られない貴重な体験ができました。私はこれまで留学などで海外へ長期滞在した経験もなく、また英語もそれほど得意ではないので出発前は不安な気持ちでいっぱいでした。しかしカナダへ到着してからは、そのような不安も吹き飛ぶほどの刺激がたくさんありました。
 私のホームステイ先はホストマザーとハウスメイトが二人の家庭でした。私は人見知りが激しい性格もあり初めは緊張してしまいましたが、ホストマザーはとても親切に接してくださり、すぐに打ち解けることができました。ホストマザーとは夕食の時間にその日の出来事やニュースの話などを毎日しました。毎日ネイティブの方と会話することでスピーキングやリスニングの力を伸ばすことができました。また会話の際にホストマザーが役に立つ英語の単語や表現を教えてくださったのでとても勉強になりました。

橋口さん写真2

 クイーンズ大学での授業は基礎の文法からリスニングやスピーキングなど多くのことを学びました。英語で授業内容がきちんと理解できるか不安でしたが、私のクラスでは基本的なところから教えてくださったり、理解しにくいところは何度も説明してくださったりしたので授業についていくことができました。今回参加したQSOEのプログラムは社会起業学科以外の生徒でも日本人がたくさんおり、最初はカナダにまで来た意味が本当にあったのかと不安になりました。しかしEnglish only ruleというプログラム期間中は英語だけで話さなければならないというルールがあったので、日本人同士日本語ばっかりで話してしまうということはありませんでした。また同じ英語を学びたいという意志の人がたくさんいたので刺激され、私も頑張ろうという気持ちになりました。
 最初の1ヶ月ほどはお店での簡単な会話ですら私の発音が悪く伝わらないことや、言いたいことが上手く英語で表現できないこと、英語が早すぎて何を言っているのかわからないことなど辛いことがたくさんありました。しかし毎日英語で生活しているうちに、前まで言えなかったことが言えるようになったり、聞き取れなかったことが聞き取れるようになったりと成長を実感でき、カナダでの生活がとても楽しくなりました。また勉強だけでなく、普段とは違う環境の中で様々な文化の人達と触れ合うことができ、いろいろな考え方や価値観を学ぶことができました。この経験を無駄にしないようこれからも英語を勉強していきたいと思います。