参加学生の声(吉田大夢さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

吉田 大夢 (Daimu Yoshida)

吉田くん写真1

 今回自分が参加さして頂いたカナダのクイーンズ大学への三ヵ月の留学の報告として、参加を希望している社会起業学科の後輩の皆さんに三点伝えたいことがあります。
 まず一つ目に、初めて留学される方に言いたいことは、現地に留学にいくだけで英語が話せるようになるだけではありません。留学に行く前に英語の勉強をするかしないかでは、同じ三ヵ月の留学でも学ぶスタート地点が変わってきます。現地で文法などを英語で学び、いろんな人と英語で話すことで英語力は身に付きます。一日目に少しでも英語が話せることは間違いなく大きな差です。私は単語と映画を字幕なしの英語で見ることをお勧めします。実際向こうで見る映画はそうです。語彙力とリスニングを高めることをお勧めします。
 二つ目に、向こうでは全てが英語の勉強ということ。店員さんと話すこと、レストランのメニューを見るだけでも勉強です。そういう意味では積極的に行動してください。恥ずかしがらずに学校の先生、レストランのウェイターさんに話しかけてください。授業でも頑張って発言してみてください。たった三ヵ月、外国で恥ずかしがって行動しないのはもったいないです。話すことで記憶できますし学んだ英語の使い方、発音などもたった会話するだけで確認できます。
 最後に三つ目、このプログラムには多くの日本人が参加しています。向こうでも正式なルールですが、日本人同士でも日本語で会話しないこと。これが一番英語の発達に関わると保証します。どんなときでも英語で話すこと。結局自分の言いたいことを日本語で伝えるのか、学校外の遊びで日本語で楽しくしゃべるのか。英語で伝える努力をしてみてください。英語でおもろいこと言うのを考えることも勉強です。終わった後に後悔しないよう、カナダで英語を毎日話したなあと振り返れるよう、努力してください。
 向こうではいろいろな魅力が待っています。バイトもなければ親もいません。全ては自分次第です。この三ヵ月を有意義なものにするのかしないのか。楽しかったけど英語は伸びなかったなあで終わるのか。本来の目的は英語を学びにカナダに来たということ。それを忘れず、精一杯楽しんでください。必ず何か発見があり、素晴らしい経験ができると思います。素晴らしい環境、新しい友達が待っています。私はこのプログラムに参加できて本当によかったと心の底から思っています。