参加学生の声(北本晶子さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

北本 晶子 (Masako Kitamoto)

北本さん写真1

 QSOEプログラムを振り返って、私はとても貴重な経験を積むことができたと思う。まず、たくさんの国の人と触れ合い、異文化について学べたことがとてもよかったと思う。普段、日本で生活していると異文化について学んだり、外国の人と触れ合ったりする機会はとても少ない。しかし、このQSOEプログラムにはたくさんの異文化の人がいて、コミュニケーションをとる機会もたくさんあり、様々なことを知ることができた。例えば、授業で自分の国について紹介したり、普段のコミュニケーションでもそれぞれの国のことについて聞いたり、私にとってはとても興味があることで楽しかった。私はあまり上手に英語でコミュニケーションをとることができなかったが、一生懸命に伝えようとすると、理解してくれるのでとてもうれしかった。

 またホストファミリーとの生活もとても充実し、自分の英語力を向上させることができたと思う。私のホストファミリーはとても親切で、明るく活発で一緒に旅行に行ったり、ご飯を食べに行ったり、たくさんの経験をすることができた。宿題で分からないことがあれば、わかるまで教えてくれ、カナダの文化や風習も教えてくれた。また、毎週末の夜は一緒に映画をみた。ホストファミリーとの時間はとても楽しく貴重な経験だった。私は日本人のシェアメイトもいた。初めは日本人でがっかりしたが、必ず英語で会話し、わからないことは一緒に考えてくれ、たまに2人で遊びに行くなど、とてもいい関係を築くことができた。また、1か月だけだったが、フランスからも留学生がきて、一緒に生活した。とても活発で日本に興味を持っていて、毎日フランスや日本についてたくさん話した。ホストファミリーやシェアメイトとの生活は私にとって最もいい経験になったと思う。
 毎日の授業はとても大変だった。宿題はもちろん、小テストも毎日のようにあった。しかし、担任の先生はとても親切で面白い先生だったため授業はとても楽しかった。初めのうちは先生の説明も全くわからなかったが、とても気にかけてくれ、個別にも説明してくれた。そのおかげで3か月経つと英語力はとても向上した。
 私はQSOEプログラムに参加して本当に良かったと思う。英語力だけでなく自分がとても成長することができたと思う。