機能性高分子合成化学研究室

森崎 泰弘 (もりさき やすひろ) 教授

機能性高分子合成化学研究室

研究分野:
有機化学、高分子化学、超分子化学、材料化学
研究室サイト

井上 僚 (いのうえ りょう) 助教

研究分野:
錯体化学、超分子化学、機能分子化学

研究テーマ

機能性分子・高分子の創出と機能開拓
 我々は有機合成化学をベースとして高機能性有機材料を創出することに注力しています。望む機能を発現するためにはどの様な有機分子が適切かを設計し、それらを実際に合成して物性を明らかにしています。逆に、合成した有機分子が思わぬ物性を発現した場合、それが何に起因するか分子シミュレーションなどを通して解明しています。

具体的な研究活動

 ターゲットとする有機分子は低分子有機化合物のみならず、分子量が明確な巨大分子や樹状高分子、分子量数万の高分子化合物、そして分子集合体のような超分子からゲル・ネットワーク高分子など多岐にわたっています。
 電気を通すプラスチックや眩い光を放つフィルム、植物の成長を促進する透明材料、巻き方向(右巻きや左巻き)に偏りのある発光材料、様々な分子を識別するセンサー、情報を保存したり伝達する分子素子、ガスを貯蔵する粉末などなどなど、一人一人のアイデアを活かして社会のニーズを取り入れることにより、オリジナリティあふれる次世代材料の開発を目指して研究を続けています。
 一方で、機能に全くこだわらず、「形が面白そう」「外部刺激に応答させたい」「自然界の現象を倣いたい」など、純粋な好奇心をモチベーションとして分子を設計かつ合成しています。予想外の物性を示した時は、それが何故かをシミュレーション等で検証しています。