関学ユースキャンプ(関学献身キャンプ) [神学部]

[ 編集者:神学部・神学研究科       2019年6月27日   更新  ]

神さまとの出会い、自分自身との出会い、新しい友だちとの出会い。

高校生・青年の皆さん、避暑地で充実した3日間を過ごしませんか?

献身キャンプ


関西学院大学神学部と神学部後援会は、教会に集う高校生・青年を中心に2泊3日のユースキャンプを行っています。

このキャンプは、もともと「献身」キャンプと名付けられていましたが、それは人生の目的やこれからの歩みについて一緒に考え、意義深い生き方を見つける助けとなりたいという願いからです。

生き方について、信仰について、進路について、同じ世代の仲間と語り合ってみませんか?

第37回「こんなんでも、ええねん!」

第37回関学ユースキャンプチラシ

第37回関学ユースキャンプチラシ

■日時 2019年 7月 31日-8月2日,六甲山YMCA
■講師 鐵口 宗久(鎮西学院 総宗教主事)
■参加申込み:以下添付の申込書参照ください。

主題聖句: 「わたしの目にあなたは価高く、貴く、わたしはあなたを愛し あなたの身代わりとして人を与え 国々をあなたの魂の代わりとする。」(イザヤ書43章4節)


[講師から]
~高校生・青年のみなさんへ~
「献身キャンプに参加すればよかった!」神学部に入学してから今まで、そんな後悔の念を持って年を重ねてきましたが、今回、講師という立場とはいえ、念願かなってユースキャンプに参加できることを感謝いたします。

 さて、私は学校という現場で、キリスト教教育の働きを与えられています。30年近く、この現場に遣われていますが、近年若者達の口から「どうせ~」とか、「やってもムリ」という言葉をよく耳にします。年々その傾向が高まり、自分で自分を卑下して見下している、自尊感情の低い若者を多く目にいたします。競争社会の中で取り残されたり、周りと比較して必要以上に自分を過小評価したり。どうしてもっと自分を大切にできないのかと、心痛めることが多いのです。

 イザヤ書43章4節には「わたしの目にあなたは価高く、尊く」と記されています。つまり、私達は、神様から価値があり、尊い存在とされている。神様は私達がここにいることだけで「良し」として下さっているのです。そこには能力の大小なんて関係ありません。―いろんな面で「落ちこぼれ」の私と一緒に、神様からかけがえのない存在とされている自分を発見する。そんなキャンプを一緒に創り上げましょう!