関学ユースキャンプ(関学献身キャンプ) [神学部]

[ 編集者:神学部・神学研究科      2021年6月17日   更新 ]

神さまとの出会い、自分自身との出会い、新しい友だちとの出会い。

高校生・青年の皆さん、避暑地で充実した3日間を過ごしませんか?


関西学院大学神学部と神学部後援会は、教会に集う高校生・青年を中心に2泊3日のユースキャンプを行っています。

このキャンプは、もともと「献身」キャンプと名付けられていましたが、それは人生の目的やこれからの歩みについて一緒に考え、意義深い生き方を見つける助けとなりたいという願いからです。

生き方について、信仰について、進路について、同じ世代の仲間と語り合ってみませんか?

第38回「傷を抱えて、生きていく~そのうち癒されるから、 大丈夫~」

第38回関学ユースキャンプチラシ

■日時 2021年8月7日(土)10:00~17:00, 関西学院大学上ケ原キャンパス神学部3号教室(オンライン併用)
■講師 汐碇 直美(奈良教会牧師)
■参加申込み:以下添付の申込書参照ください。
※新型コロナウイルスの収束が見えない中のキャンプであるため、今年度は1日のプログラムを計画しております。感染状況によっては、すべてオンラインになる可能性もあります。

主題聖句: 「ところで、わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために。」(コリントの信徒への手紙二4章7節)


[講師から]
~高校生・青年のみなさんへ~
日々人と関わる中で、私たちは喜びも経験すれば、たくさんの傷も負います。皆さんは、その傷とどのように向き合っておられるでしょうか。
かつての私は、自分の心の傷に気づかぬふりをしたり、逆に傷を自ら深めたりしていました。
けれども真摯に私と関わってくださった方々と、また神さまとの出会いを通して、いつの間にか、「神さまがいつか癒してくださるから、この傷はそのまま神さまにお委ねしよう」と思えるようになりました。私たちの揺れ動く心に触れてくださる神さまの、愛のあたたかさを分かち合える時間になればと願っています。

第38回関学ユースキャンプ申込書PDFリンク