一般入学試験

[ 編集者:総合政策学部・総合政策研究科       2017年6月27日   更新  ]

本学部は2月から実施される一般入試で、確かな基礎学力をもとに世界の諸問題解決にチャレンジしようとする国際的な展望を持つ人材を求め、すべての方式で英語に高い配点を設定しています。

全学部共通の問題を試験日ごとに設定しているため、試験日が異なれば複数回の受験が可能です。全学日程・学部個別日程では3科目での受験となります。


◆全学日程 :
試験科目に文系型と理系型を設けています。定員がもっとも大きな入試方式です。

◆学部個別日程 :
試験科目に文系型と理系型を設けています。文系型は2回実施します。

◆関学独自方式 :
英語・数学型は2科目型入試です。関学英語併用型では、本学で英語1科目を受験し、センター受験科目から国語と数学・理科・地理歴史・公民から高得点の1科目の点数を採用し、合否を判定します。
関学数学併用型では、本学で数学1科目を受験し、センター受験科目から外国語と国語・数学・理科・地理歴史・公民から高得点の1科目の点数を採用し、合否を判定します。

◆大学入試センター試験を利用する入学試験 :
大学入試センター試験の得点のみで合否を判定する入試に加え、英語検定試験のスコアを活用する入試があります。


他学部を含めた詳細については、下記のリンクからご覧ください。

入学試験方法についての関連情報