資料利用案内

[ 編集者:産業研究所       2022年7月6日 更新 ]

産業研究所資料の利用について

<大学紀要・和洋雑誌・OECD資料>


産業研究所では調査研究情報を提供するため、大学紀要、和洋雑誌、OECD資料(雑誌)を受け入れ、研究所内の書架に配架しています。

●大学図書館の利用資格をお持ちの方はご利用いただけます。
  1. ●事務室の開室時間内であれば自由に閲覧していただけます。
  2. ●事務室外への持ち出しも可能です。(大学図書館内での閲覧に限る。)
    ●貸出はできません。


  3. 利用時間関連ページへのリンク    

※検索用パソコンの利用は学内者に限ります。


<CD-ROM資料>

産業研究所が研究のために収集した産業・経済に関する統計の電子媒体資料を提供しています。

●CD-ROM資料は事務室内のパソコンで利用できます(学内者のみ利用可)。

産研所蔵CD-ROM資料の説明は下記リンク先 データベース に掲載しています。
データベース関連ページへのリンク


<新聞記事>


産業研究所カウンター前のボックスに「日本経済新聞」「日経産業新聞」「日経MJ流通新聞」「日経ヴェリタス」の最新号を配架しています。
「日本経済新聞」「日経産業新聞」「日経MJ流通新聞」については縮刷版を書架に配架しています。


<EU刊行物資料>


産業研究所は関西学院大学EU情報センター(EUi)の事務局として欧州連合(EU)に関する情報発信の拠点となっています。
現在EUの公式資料の多くは、公式サイト"Europa"上で公開されていますが、産業研究所では駐日欧州委員会資料室(当時)や兵庫県立大学EU資料センター(当時)から寄贈を受けた官報や統計書などを所蔵しており、これらの資料は大学図書館の
蔵書検索サイト"OPAC"で検索することができます。
※詳しい利用方法については産業研究所事務室までお問合せください。

関西学院大学EU情報センター関連ページへのリンク

データベースリンク