参加学生の声(京 航さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2019年10月24日 更新 ]

京 航(Wataru Kyo)

京航1

 私が社会起業学科に入学しようと考えた理由の一つに、この社会起業英語中期留学がありました。初めての留学ということもあり、不安でしたが、振り返ってみると、カナダでの生活はとても充実していて、有意義な時間を過ごすことが出来ました。このプログラムが終了するときには、帰りたくないという気持ちがとても強かったです。
 私たちの参加したQSoEというプログラムには、外国人も多くいたので、その人たちと話すことで、色々な国の文化を学ぶことができました。私は特に、ベトナム、サウジアラビア、中国、ドイツの文化を知る機会が多くありました。多文化を知ることにより、日本との習慣の違いや考えの違いを知ることができました。週に一回、School Activityの一つにOpen Gymというものがあり、昼休みの時間に体育館が使用することができました。そこで色々なスポーツをして、クラス以外の人たちとも交流を深めることができました。放課後には、トレーニングやスポーツ、ショッピングをよくしていました。トレーニング場や体育館には多くの外国人がいて、話す機会もありました。バスケットボールでは外国人と一緒に試合をして、仲良くなった人とは連絡先を交換し、ご飯やビリヤードをして交流を深めました。ショッピングでは学校近くのダウンタウンや、ショッピングモールに行って楽しむことができました。
 また、家ではホストマザーやホームメイトに積極的に話しかけることを意識して3か月を過ごしました。すぐに打ち解け合うことができ、ホストマザーに親戚で行うBBQなどに誘ってもらい、ホームメイトは映画やご飯などに誘ってくれました。そのように授業以外の部分でも英語に触れ合うことができ、自然と英語力の向上が出来ました。
 キングストンは、どちらかといえば田舎で、のんびりと生活することができます。田舎といってもあり、アウトレットもあり、ダウンタウンには多くの店があり充実しています。五大湖の一つであるオンタリオ湖もあり、そこで泳ぐこともできます。夏には多くの人々がそこに集まって泳いでおり、私も休みの日によく泳ぎに行っていました。クイーンズ大学のメインキャンパスから歩いてすぐのところにあります。トロントにはバスで3時間ほどで行くことができます。私は友達と放課後にバスに乗り、トロントで開催されていたパブリックビューイングでバスケ観戦、応援をしに行きました。
 今回の留学を通して、様々なことを知ることができ、素晴らしい経験ができました。この貴重な経験を無駄にしないよう、これからも成長していきたいと思います。