参加学生の声(丸谷 美咲さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

丸谷 美咲(Misaki Marutani)

 人間福祉学部社会起業学科に入学した目的の一つに、この社会起業中期留学がありました。そのため、大学に入学する前から参加することを決めていました。他にも様々な留学プログラムがありますが、この社会起業中期留学は、TOEICやTOEFLのスコアに関係なく参加することができるので私にぴったりだと思ったからです。私は、今まで一度も留学をしたことがなかったため、カナダに行く前はホストファミリーと意思疎通ができるのか、親と3ヶ月も離れてきちんと生活できるのか、などと不安なことばかりでした。
 カナダに着いてすぐの頃も不安や緊張の毎日でした。しかし、カナダ生活に慣れてくるとそのような感情はなくなりました。私のホストファミリーや担任の先生、クラスメイトはとても親切で人にも恵まれました。クラスメイトは、サウジアラビア人、ブラジル人、ベネズエラ人という様々な国の幅広い年齢層の人たちだったので、あまり実際に関わる機会のない人たちからそれぞれの国の文化や伝統などを教えてもらい、貴重なことを知ることができました。学校のない休日には、友達とニューヨークやトロントなどに旅行に行ったり、自分たちでテントを張ってキャンプをしたりしました。また、放課後には、カフェで友達と将来について深く話し合ったりと有意義な楽しい時間を過ごすことができました。このようなことは、自然が豊かで治安も良く、時間がのんびりと過ぎていくキングストンだからこそできたのだと思います。
 英語力の面では、カナダに来て2ヵ月ほどたった頃に、ホストファミリー、友達、先生、店員さんなどに英語力が上がったと褒められることがよくあり、とてもうれしい気持ちになり自信にもなりました。カナダから帰ってきて海外旅行に行った際にも、英語を聞いて話すことがある程度できるようになっており、とてもうれしいです。
 私は、この社会起業中期留学に参加して、本当に良い人生経験になりました。長いようであっという間の3ヶ月間で得たことや経験したことは、私の一生の宝物になると思います。英語力を上げるだけでなく、自分の将来について考えたり、今まで当たり前だったことや人の大切さに気付くことができました。得たことを無駄にせず、今後の生活に活かしていきたいです。この留学で私に関わってくれたすべての人に感謝しています。

丸谷 美咲 写真1