参加学生の声(松岡 晃平さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

松岡 晃平(Kohei Matsuoka)

 私は、大学4年間の間に留学には行きたいと考えていました。社会起業学科に入学が決まってから社会起業英語中期留学の存在を知り、英語が不得意だった私は、希望者全員が参加することができるという点に惹かれ、この留学に参加することを一年生の時から決めていました。クイーンズに入学した当初は、ホストファミリーや先生の話していることがほとんどわからず、とても苦労し毎日が長く感じ、早く日本へ帰りたいと思うことが多くありました。しかし、次第にカナダでの生活や英語での授業にも慣れてきて、そう思うことがなくなり、最終的には3ヶ月があっという間に思えるほど充実していました。
 キングストンは、とても静かな町で、そこに住む人たちの人柄もとてもよく、ほとんどの人が優しく、自分の思っていた海外の生活とはいい意味で違いました。町が小さい分、行くところも限られてはいましたが、とても住み心地がよかったです。また、ホストファミリーも他の家族と比べると、一緒に過ごす時間は少なかったとは思いますが、拙い英語を理解してくれようとしたり、自分が理解できないことがあった時には、わかりやすい言い方をしてくれたり、また、自由に生活ができた点は過ごしやすかったです。帰国してから振り返ると、もっと一緒にいる時間を作ればよかったとも思っています。
 大学の授業では、初めにクラス分けテストがあり、自分に合ったレベルの授業を受けることができました。最初は、話していることがわからず理解するのが大変だった部分もありましたが、日が経つごとに理解できる部分が増えていき、最後のほうになると自分の成長を実感することができました。また、放課後にスクールアクティビティがあり、そこで自分とは違うクラスの人たちとも交流を深めることができました。週末やブレイクウィークという1週間ほどの休みを利用して、ニューヨークやモントリオール、ナイアガラなどの場所へ旅行へ行きました。同じカナダなのに、そこにしかない特有の文化であったり、その場の雰囲気であったり、キングストンではできない体験をたくさんすることができ、楽しむことができました。
 初めての留学で、今まで経験したことのないことばかりで最初はとても不安でしたが、最終的にはとても充実した3ヶ月を送ることができました。その中で、様々な新しいことを身につけることができ、英語はもちろんいろんな面において成長することができました。

松岡 晃平 写真1