参加学生の声(鳥羽 莉鶴さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年11月5日 更新 ]

鳥羽 莉鶴(Rizu Toba)

 私は、大学に入学する前からこの留学に参加することを決めていました。しかし、将来英語を活かして就職したい、英語が得意でもっと伸ばしたい、など大きな理由があったのではなく、自分の視野を広げたい、新しいことにチャレンジしたい、という気持ちで留学に参加しました。そのため、楽しみな部分もありましたが、海外経験が少ない私は不安のほうが圧倒的に多かったです。
 しかし、ホストファミリーはとてもフレンドリーですぐに打ち解けることができ、授業も基礎からしっかりと学ぶことができました。私のクラスは全員日本人のクラスだったのですが、自分の興味のあるものを選択できるエレクティブクラスや放課後のアクティビティに参加することで外国人の友達もできました。担任の先生も、外国人が多いクラスとの合同授業の機会を与えてくれたので多くの友達を作ることができました。
 平日は、授業後のアクティビティに参加したり、友達とダウンタウンでカフェ巡りをしたり、映画を観たりすることが毎日の楽しみになっていました。 慣れるまで苦労したバスの利用も、帰国する頃にはキングストン内のどこにでも行けるようになっていました。私のホストファミリーはアウトドアだったので、休日にはよくバーベキューをしたり、カヤックやハイキング、オンタリオ湖に泳ぎに連れて行ってくれました。
 ブレイクウィークには、中期留学のメンバーでニューヨークとモントリオールへ旅行に行きました。自分たちで計画して行くことが初めてだったこともあり、きちんとホテルやバスを予約できているかや、母国語が英語でない場所で楽しめるかが不安でしたが、みんなが協力して支えてくれたおかげで安全で楽しい旅行にすることができました。
 カナダでは、7月1日にカナダデ―と呼ばれる建国記念日があります。私たちも旅行中にカナダグッズを身に着けてカナダデ―のお祝いをしました。カナダの人たちは、カナダのことが大好きで、街の至るところにカナダの旗が飾られており、自分自身がカナダ人であることに誇りを持っているように感じました。これは日本では体験できない経験だったと思います。
 実際に留学したことで、自分の英語のレベルをきちんと理解することができ、もっと頑張って勉強しようというモチベーションに繋がりました。英語力の向上だけでなく、様々な文化や宗教に触れることができたのは、多国籍国家であるカナダだからこそ体験できたことだと思います。

鳥羽 莉鶴 写真1