溝畑ゼミ(人間科学科)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2017年11月2日 更新  ]

みぞはた じゅん

【担当教員】
溝畑 潤(みぞはた じゅん)

研究テーマ

子どもの身体特性および運動能力と運動指導について

研究内容

 発育発達の著しい時期の子どもは、暦年齢が同じであっても生理学的年齢は大きく異なります。その発育速度は早熟・平均・晩熟の成熟度に分類され、個体差は統計的におよそ 6 年になることが明らかにされています。従って、同一年齢であっても成熟度が異なる時期の子どもの運動・スポーツ指導は、それぞれの成熟度に配慮した指導をすることが重要であると考えられます。海外ではそのような成熟度の異なる子どもの指導に「Long term athlete development」といった成熟度を配慮したプログラムが普及されています。一方、我が国では、体育・スポーツ指導は学年別に実施される傾向にあるため、生理学年齢による体格差や体力差が生じてしまいます。
 このゼミでは、幼児から高校生までを対象とし、それぞれの成長過程と運動との関係、スポーツ種目の特性や長期育成法指導方法について検討します。また、選手のポジションの適正や競技力向上を目的としたトレーニング方法にはどのような工夫や配慮が必要であるのか等について様々な視点から調査し解明していきます。

溝畑 潤 先生について詳しく知りたい方はこちら! 教員紹介ページへのリンク