博物館のご紹介

ごあいさつ

関西学院大学の時計台は、かつて図書館として学生たちに親しまれていましたが、創立125周年を記念して2014年9月28日(創立記念日)に大学博物館として開館しました。
関西学院の歴史を踏まえた展示とともに、企画展を通して、関西学院大学の研究や教育の成果などさまざまな情報を発信しています。
学生をはじめ、同窓や市民の皆さまに親しまれる博物館でありたいと願っています。

キャンパスがミュージアム

魅力の一つは、館内企画に加えキャンパス全体で美しい建造物や美術品を楽しめるところです。緑豊かなキャンパス設計は建築家でありキリスト教伝道者でもあったウィリアム・メレル・ヴォーリズが手掛けたもので知られています。甲山を背景に時計台(大学博物館)、中央芝生、正門が軸線で結ばれ、周囲左右にスパニッシュ・ミッション・スタイルで統一された白壁と赤瓦の校舎、宣教師住宅が建ち並んでいます。さらに、キャンパスの中にはキリスト教美術から現代アートまで様々な美術品が点在しています。

ヴォーリズ建築の息吹を感じる

当館が置かれる時計台は、1929年の移転に際して図書館として建てられました。W.M.ヴォーリズによるキャンパス構想の基点として大学全体を一望できる中心的存在に位置づけられています。建築様式はスパニッシュ・ミッション・スタイルを基調とし、各所には美しい意匠が施されています。時計台塔上部にはモザイクタイルの小ドームを据え、頂きに学院のシンボルマークの新月を冠したクロス、さらに建物に入ると1階ロビーには愛らしい模様のタイルが敷き詰められています。正面の階段を上ると吹き抜けの空間があらわれ、2階展示室(旧図書館閲覧室)には白塗りの高く美しい天井が広がっています。ぜひ建物の細部にも着目してください。

時計台は2009年6月19日に「登録有形文化財」に登録されています。

収蔵品を少しだけ公開!関学コレクション

油絵《学院風景−上ケ原移転当時》
堀口泰彦

上ケ原への移転後間もない頃の関西学院の姿を描いた絵画です。堀口泰彦が関西学院在学中に制作しました。かつての日本人住宅を前景に広大な学院の風景を描写した、2mを超える大作です。

院長像

展示室1には4体の院長像が置かれています。それぞれの院長の功績をたたえて、ランバス像と吉岡像は大熊氏廣により1927年と28年に、ベーツ像と神崎像は山名常人により74年と77年に制作されました。

ジオラマ

上ケ原移転直前の原田の森キャンパスのジオラマと、移転直後の上ケ原キャンパスのジオラマを並べて見ることができます。

ビデオコーナー

関西学院の歩みやヴォーリズによる建築などをビデオでご紹介します。

学院史編纂室コーナー

学院史編纂室発行のパンフレットや冊子(日本語・英語)を置いています。関西学院の歴史に関心をお持ちの方は自由にお持ち帰りください。

時計台の小部屋

時計台の歴史を写真パネルで紹介するコーナーです。

収蔵品を少しだけ公開!関学コレクション

関西学院ゆかりの品々の他、歴史資料や美術品を所蔵しています。
これらは企画展や平常展で随時公開展示します。ここではその一端をご紹介します。

原野コレクション(蔵書票)

蔵書票とは、本の見返しに貼ることで所蔵者を示す紙片であり、所蔵者名とともに、美しい絵や図柄が主に版画によってあらわされています。2007年、日本屈指の蔵書票コレクターである原野賢吉氏より、1万点を越える蔵書票および関連資料が寄贈されました。

大阪労演資料

2007年に解散した演劇鑑賞団体・大阪勤労者演劇協会(通称「大阪労演」)が58年に及ぶ歴史の中で収集したポスターやパンフレット・脚本・写真といった演劇関係の資料、および大阪労演の運営に関する資料です。

アンデスコレクション

500点を越えるアンデスの染織品を中心に、アンデス文明の表現豊かな工芸品を所蔵しています。資料の制作年代は紀元前から16 世紀ごろまでと幅広く、本コレクションからアンデス文明の発展を通覧することができます。

美術品

関西学院ゆかりの作家が制作した作品のほか、キリスト教や関西学院にまつわる絵画などの美術品も所蔵しています。

研究活動

公開研究会

関西学院大学博物館では、京阪神の美術館等と連携し、「実物とデジタル画像による文化財考察」と題する公開研究会を開催してきました。研究会では、展示中の実物を鑑賞するとともに、高精細画像を使って作品の拡大像や類似作品との比較画面を映し、そこから浮かび上がってくる「見える」事柄を話し合う場としています。

刊行物

当館が発行している刊行物です。

学芸スタッフ紹介

館長 加藤哲弘 (文学部教授)

これまで美学芸術学の立場から美術館や博物館には親しんできました。そのなかで感じたのは、博物館は「物」が「人の心」に出会う場所だということです。心に響く物の魅力を発見し、守り、輝かせる、という博物館の使命を初代館長から受け継ぎ、次の世代に引き継げるように最善を尽くします。

副館長 濱田琢司 (文学部教授)

私の主専攻は人文地理学ですが、こうしたフィールドスタディーの分野でも近年では地域における博物館の役割などが広く議論されています。地域/物/ミュージアムという関わりの中での大学博物館の持つべき役割をしっかり考えつつ、魅力的な場としていきたいと思っています。

学芸員 髙木香奈子

2008年より大学博物館開設にむけて下地作りを行ってきました。開館後博物館はこれまでの展覧会活動に加えてより多くのツールを使った外向けの発信が強くなります。観覧者との関係を築き、開かれた博物館を目指していきます。

学芸アシスタント 伊藤ちひろ

2019年度より、展覧会活動や授業の補佐をさせていただきます。当館がみなさまにとって学びが多く、そして楽しんで鑑賞していただける場所となりますよう、努力してまいります。

学芸アシスタント 倉田麻里絵

2020年度より、展覧会活動などに従事させていただきます。みなさまにとって大学博物館が新たな学びの場となりますように。どうぞお気軽にお越しください。