2010年度~2013年度

[ 編集者:産業研究所       2016年2月19日 更新 ]

パネルディスカッション 「生産性向上と雇用問題」報告

 1955年に日本生産性本部が設立され、国民の豊かさと国際競争力の向上を目的として、経営者だけでなく、労働組合、学識経験者も参加した国民運動としての生産性向上運動が始まった。その際に生産性向上運動が失業増加や労働強化と相反するとの誤解を解き、運動を普及し徹底するために、①雇用の維持拡大、②労使の協力と協議、③成果の公正な分配のいわゆる「生産性運動に関する三原則」(生産性三原則)が定められた。
 その後、50年を経て、産業構造の転換、企業活動のグローバル化、経済成長の鈍化など、労使を取り巻く環境は大きく変わってきた。正規雇用と非正規雇用の格差に代表されるように、今日の雇用をめぐる情勢は大きな問題をかかえており、三原則を維持することは、大きな岐路に立たされている。
 関西生産性本部からの委託を受けて、産業研究所が取り組んだ、今日における「生産性三原則」の検証報告とともに、広く各界からの意見を聴いた。

■参加者:22名

パネルディスカッション 「生産性向上と雇用問題」報告イベント情報へのリンク

EUと日本における企業の社会的責任(CSR) -EUIJ関西国際シンポジウム-(産業研究所共催行事)報告

 企業が持続的な発展を遂げるためには、企業を取り巻く社会あるいは環境の持続的な発展が不可欠であり、企業の側からも能動的に社会あるいは環境に対して働きかける必要があるとの見方が強まっている。今回のシンポジウムでは、日本と欧州から雇用者・労働組合の代表、NPOなどさまざまな立場の方をお招きし、企業の行動やCRSの捉え方を日欧で比較、CSRのあり方について論議された。

■参加者:29名

EUと日本における企業の社会的責任(CSR)-EUIJ関西国際シンポジウム-イベント情報へのリンク

産業研究所研究会報告 「アジアの市場と産業競争力」

 アジア市場の成長性に対する期待は大きく、同時にその市場をバックにして、アジア諸国の企業も競争力を強化し、その国に進出した外資企業とともに産業競争力を強めるのに寄与している。この研究会では、アジアの国々の市場性と産業競争力に焦点を当て、各国の動きを探った。

■参加者:13名

産業研究所研究会「アジアの市場と産業競争力」イベント情報へのリンク

産業研究所講演会報告 「方法としてのインド~市場、生産、協力」

 インドは多民族国家として急速な経済成長を遂げ、そのGDPは日本、中国に次いでアジア3位、国内のビジネス市場は非常に注目されている。講演ではインド経済、そのビジネスの可能性について、日印の企業間の提携、段階別の市場アプローチ、諸外国との協力等について話された。

■参加者:194名

産業研究所講演会「方法としてのインド~市場、生産、協力」イベント情報へのリンク

第3回日中経済シンポジウム報告

 関西学院大学と吉林大学(中国)が、第3回日中経済シンポジウムを開催した。同シンポジウムでは、両大学の研究者と企業関係者を交え、中国・東北地域と関西の経済交流のあり方などについて講演が行われた。また、後半のセッションでは、中国・東北経済の現状のほか、同地域の主要産業である自動車、医薬、バイオサイエンス各分野での提携や活性について討議された。

■参加者:262名

第3回日中経済シンポジウムイベント情報へのリンク

シンポジウム 『「むらの魅力の経済学」:北海道の代表的風景 中札内村の研究』出版記念企画報告

 産業研究所は、産研叢書第32号 『「むらの魅力」の経済学:北海道の代表的風景 中札内村の研究』 の出版を記念してシンポジウムを開催した。地方自治や地方財政を取り巻く状況が変化する中、単独村政を選択した中札内村について、自治体職員と大学教員が協力して地域研究を行った成果を、研究の舞台となった中札内村において報告した。

■参加者:50名

シンポジウム 『「むらの魅力の経済学」:北海道の代表的風景 中札内村の研究』出版記念企画イベント情報へのリンク

産業研究所講演会報告 「香港-アジアの世界都市、グローバリゼーション時代での経済と役割-」

 香港は、英植民地時代から高度に整備された民法と税制上の優遇措置、高い教育程度と豊富な英語人口など、東アジア経済拠点として優位性がある。様々な業種の大企業が揃っており、中華人民共和国、東南アジア、日本へ進出している企業も多い。本講演会では香港から講師を招き、グローバリゼーション時代の香港の経済と役割について講演が行われた。

■参加者:248名

産業研究所講演会「香港-アジアの世界都市、グローバリゼーション時代での経済と役割-」イベント情報へのリンク

日・EUフレンドシップウィーク 報告

 関西学院大学EU情報センター(EUi)は、日本とEUの交流イベント「日・EUフレンドシップウィーク」を開催した。
 イベント期間中は、講演会やクッキングイベント、EUをテーマにしたクイズなどを実施した。

■講演会参加者:125名
■EUクイズ参加者:22名

日・EUフレンドシップウィークイベント情報へのリンク

国際会計基準講演会報告

IASBの第一線で理事として活躍するメアリー・バース氏と山田辰己氏を迎え、IFRSをめぐる動向とそれが教育・研修・研究に与えるインパクトについて講演会を行った。

■参加者:52名

国際会計基準講演会イベント情報へのリンク