FAQ(よくあるご質問)

[ 編集者:総合政策学部・総合政策研究科       2019年5月22日   更新  ]

1.総合政策学部での学びに関するFAQ(よくある質問)

【Question】
英語に苦手意識がありますが、入学後授業についていけるでしょうか?

【Answer】

英語教育の様子

総合政策学部には帰国生徒や高校在学中に留学を経験された方が多く在籍していますが、もちろん同時に、英語のスピーキングをほとんどしたことがないという学生や英語が苦手という学生もたくさん在籍しています。

入学後TOEFL-ITPを受験し、能力別にクラスを構成します。高い能力を持っている方はさらに高いレベルへ、これから英語を鍛えたいという方は基礎的なクラスから。個々の能力にあわせたプログラムを提供しています。

学期末には学生によるプログラムの評価(Evaluation)も行い、適宜プログラムの見直しを行っています。

TOEFL-ITPについての詳細は、下記のURLからご覧ください。

【Question】
英語以外の外国語を学ぶことはできますか?

【Answer】

国際コミュニケーションの手段として重要な英語を必修としていますが、もちろんその他の言語も学ぶことができます。フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語が選択科目として開講されています。

【Question】
総合政策学部で、1・2年次に英語の授業が充実しているのはわかりましたが、3・4年次ではどうなるのですか?

【Answer】

3年次以上になると必修としてのクラスはなくなりますが、希望者は選択科目として上級クラスを受講できます。

【Question】
学科選択とはどのようなことですか?

【Answer】

入試は学部一括で行い、学科ごとの募集は実施しません。1年次は学科に所属せず、「総合政策とは何か?」「学科でどのようなことを学ぶのか」といった学部教育の基礎を学習します。1年次の入門科目で、各学科の特色や内容、扱う政策領域の問題や課題について学び、2年次からの所属学科をじっくり選びましょう。

特定の学科で定員を超えた場合には、成績によって選考を行います。

【Question】
希望する学科に所属できなかった場合、希望の分野を学べなくなるのですか?

【Answer】

総合政策学部のカリキュラムは学科の枠を越えた自由な学びを特色としていますので、もし希望する学科に所属できなかった場合でも、学びたい分野の科目を自由に履修することができます。

ただし、3・4年次の演習科目については、所属学科のものを履修します。

▲ このページの先頭へ

2.資格取得に関するFAQ(よくある質問)

【Question】
総合政策学部ではどのような資格が取得できますか?

【Answer】

資格取得

学科ごとに異なりますが、中学校1種(社会・英語)、高等学校1種(公民・英語・情報)の教員免許、一級建築士受験資格などの資格が取得できます。

3.課外活動などキャンパスライフに関するFAQ(よくある質問)

【Question】
下宿をすると勉強とバイトや家事の両立は難しいですか?

【Answer】

課外活動などキャンパスライフ

はじめての一人暮らし・アルバイト、大学という新しい環境。そんな中で勉強とアルバイトと家事を完璧にこなすのは、なかなか難しいかもしれません。
そんなときは勉強をまずベースに、曜日ごとにやることを決めることがよいかもしれません。

月曜は自炊、火曜はバイト、水曜は洗濯、木曜はクラブ、金曜は自炊、土曜はバイトといったようにリズムをつけることで一人暮らしでもしっかり自己管理できるイメージがつきやすいのではないでしょうか。

【Question】
クラブ活動は活発でしょうか?

【Answer】

約60%の学生が課外活動を行っています。スポーツ・ダンス・国際交流・ボランティアなどさまざまな課外活動団体があります。またキャンパスを越えて西宮上ケ原キャンパスで課外活動を行う学生もいます。

【Question】
通学時間にどのくらいかける学生が多いのですか?

【Answer】

神戸三田キャンパスに通う総合政策学部・理工学部生を対象に2015年度に行った調査では、
片道30分未満、30分から1時間30分未満がそれぞれ3割程度、1時間30分以上が4割程度でした。
自動車通学が認められていますので、約10%の学生が自動車で通学をしています。

▲ このページの先頭へ

4.一級建築士受験資格取得を目指す「建築士プログラム」に関するFAQ(よくある質問)

【Question】
一級建築士とは何ですか?

【Answer】

一級建築士受験資格取得を目指すカリキュラム

一級建築士は、学校や病院などの公共施設から高層ビルにいたるまで、まちの景観をつくり出すあらゆる建築物の設計や工事監理を行うことができます。

「建築士プログラム」では、一級建築士の受験資格を取得できるカリキュラムを編成しています。指定科目の単位を修得すると、卒業後2年間の実務経験を積むことで、国家試験を受験することができます。
また、併せて二級・木造建築士の受験資格を取得することもできます。

【Question】
一級建築士の受験資格にはどのような条件がありますか?

【Answer】

一級建築士の受験資格を得るためには、「学歴要件」と「実務経験」が必要です。
学歴要件については、大卒の場合、国土交通省が指定する科目(「建築士プログラム」の科目)を60単位以上修得している必要があります。実務経験については、国土交通省が「建築実務」と認めた職種に卒業後2年間就くことが必要です。試験は学科と設計製図について行われます。

【Question】
一級建築士の受験資格を取得したいのですが、プログラムに定員の設定はありますか?

【Answer】

定員は60名程度です。希望者が定員を超過した場合、成績等による選考が実施されます。

【Question】
理系の知識がなくても取得できますか?

【Answer】

「建築構造力学I・II」や「建築材料学」など、理系の知識が要求される科目が一部含まれていますが、1年次に「総合政策のための数学」や「建築数理の基礎」など、必要な理系の知識を修得できる科目が開講されますので、心配ありません。

【Question】
卒業するための勉強に加えて、どのくらいの量の勉強が必要になりますか?

【Answer】

「建築士プログラム」の科目は全て、卒業に必要な単位として算入されます。
そのため、卒業にあたって「建築士プログラム」の学生が、それ以外の学生より多くの授業を履修しなければいけないということはありません。
ただし、製図、デザイン、設計のような創作活動は、授業時間外における各自での研鑽が必要です。

【Question】
一級建築士受験資格取得をめざす場合、都市政策学科に入る必要がありますか?

【Answer】

「建築士プログラム」は全学部生に開かれたプログラムであり、例えば選考となった際も学科による有利・不利は一切ありません。

ただし、総合政策学部の3・4年生の必修科目であるいわゆる“ゼミ”において、建築関係の教員のゼミに入るためには、学科選択において都市政策学科へ進む必要があります。
これは、ゼミ選択は自分自身が所属している学科の教員のゼミからしか選ぶことができず、建築関係の教員は全員都市政策学科に所属しているためです。

なお、今の在学生の中にも、建築関係でないゼミに所属している「建築士プログラム」生、あるいは都市政策学科以外の「建築士プログラム」生がいます。

また、「建築士プログラム」登録希望者は、まず1年生の秋学期に開講される「設計製図演習」を履修してください。「設計製図演習」の修得が「建築士プログラム」登録の必要条件となります。

【Question】
本当に一級建築士になれるのですか?

【Answer】

努力すればなれます。まず、指定された科目の単位を修得するための努力が必要です。そして、「卒業後2年間の実務経験」の受験資格要件を満たすために、「実務経験」と認められる職種に就くことが必要になります。

しかし、本学部が提供するカリキュラムに沿ってしっかり勉強することで、1級建築士になる実力を十分に身につけることができると考えています。

【Question】
建築士プログラム修了者はどのようなところに就職しているのですか?

【Answer】

建築士プログラムでの学びを活かして就職する方や大学院へ進学する方もいます。
中には建築士プログラムとは直接関連のない他の業界へ就職する方もいます。
なお、不動産・建設業界などへ進んだ過去3年間の卒業生の主な就職先につきましては、以下の通りです。


〈2016年度~2018年度卒業生〉
㈱大林組、積水ハウス㈱、大和ハウス工業㈱、㈱アーネストワン、㈱一条工務店、タマホーム㈱、パナソニックホームズ㈱、戸田建設㈱、三井ホーム㈱、三井不動産リアルティ㈱、住友林業㈱、住友林業ホームテック㈱、西日本高速道路㈱、積水化学工業㈱、日揮㈱、日本総合住生活㈱、野村不動産パートナーズ㈱、㈱丹青社、㈱三栄建築設計、スウェーデンハウス㈱、パナソニックリフォーム㈱、㈱長谷工リフォーム、三井デザインテック㈱、大阪府住宅供給公社、㈱コーヨーテック、㈱IAO竹田設計、㈱J.フロント建装、セキスイハイム山陽㈱、リノべる㈱、大阪ガス都市開発㈱、㈱GA technologies、㈱和久環組、エスアールジータカミヤ㈱、大阪府・大阪市(建築職)、兵庫県(建築職)、今治市役所(建築系技術職)

順不同


▲ このページの先頭へ