英語による学位取得プログラム

[ 編集者:国際学部・国際学研究科       2014年7月31日   更新  ]

国際学部EDP(English-based Degree Program)について

授業風景

国際学部は、国際性と人間性を備えた「世界市民」として国際的なビジネス・市民社会で活躍する人材の育成を目指し、2010年4月に開設いたしました。

国際学部では開設時より、外国人留学生と高い英語能力を有する日本人学生等がともに学ぶ環境となっており、これらInternational Studentsを主な対象として、「英語で授業を行う科目」が多数開講されています。

2011年度より、International Studentsを主な対象に「英語による学位取得プログラム」を、国際学部「EDP(English-based Degree Program)」として運営してきましたが、2014年度より、日本人学生や英語を母語としない留学生等についても、定められた基準以上の英語能力を有する者であれば参加が可能な形に発展させました。これにより、一定以上の英語能力を有する学生が卒業必要単位の大部分を「英語で授業を行う科目」の単位で満たし卒業する※ことが可能となっています。

※言語教育科目など一部科目について「日本語で授業を行う科目」の単位修得が必要です
※EDP修了者には修了証を授与します

国際学部カリキュラムイメージ図