[ 国際学部 ]過去の就職状況

2020年度国際学部卒業生(第8期生)の進路について

国際学部は2021年3月に第8期生の卒業生を輩出いたしました。国際学部での4年間の学びを経て卒業した第8期生の就職状況等をお知らせいたします。

第8期生の就職状況は、就職希望者に対する就職率は100%(男子100% 女子100%)、 就職・進路決定率【(就職決定者+自営)/(卒業者-進学決定者)】は86.1%(男子82% 女子87.9%)となりました。

業種別就職状況においては、昨今、世界展開を積極的に推進する「製造業」への就職者が多く25%にのぼります。さらに国家・地方公務員、外資系企業や総合商社などグローバル企業、航空業界への就職者も多く輩出しています。

在学中に培った国際性を活かして、海外に進出している企業等を就職先として選んでいる傾向が見受けられます。
 

国際学部8期生就職データ

2019年度国際学部卒業生(第7期生)の進路について

国際学部は2020年3月に第7期生の卒業生を輩出いたしました。国際学部での4年間の学びを経て卒業した第7期生の就職状況等をお知らせいたします。

第7期生の就職状況は、就職希望者に対する就職率は100%(男子100% 女子100%)、
就職・進路決定率【(就職決定者+自営)/(卒業者-進学決定者)】は89.4%(男子85.4% 女子91.4%)となりました。

業種別就職状況においては、昨今世界展開を積極的に推進する「製造業」への就職者が多く19%にのぼります。さらに外資系企業や総合商社などグローバル企業、航空業界への就職者も多い点が特徴です。

在学中に培った国際性を活かして、海外に進出している企業等を就職先として選んでいる傾向が見受けられます。

国際学部7期生就職データ

2018年度国際学部卒業生(第6期生)の進路について

国際学部は2019年3月に第6期生の卒業生を輩出いたしました。国際学部での4年間の学びを経て卒業した第6期生の就職状況等をお知らせいたします。

第6期生の就職状況は、就職希望者に対する就職率は99.7%(男子98.9% 女子100%)、
就職・進路決定率【(就職決定者+自営)/(卒業者-進学決定者)】は93.3%(男子85.4% 女子 96.5%)となりました。

業種別就職状況においては、昨今世界展開を積極的に推進する「製造業」への就職者が多く26%にのぼります。さらに外資系企業や総合商社などグローバル企業、航空業界への就職者も多い点が特徴です。

在学中に培った国際性を活かして、海外に進出している企業等を就職先として選んでいる傾向が見受けられます。

国際学部6期生就職データ