2021年度紹介 猪野 弘明ゼミ(研究演習Ⅰ)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2021年4月1日   更新  ]

自主自立の精神に基づき、遊び心を忘れず楽しく勉強できるゼミ

猪野ゼミってこんなゼミ!

ゼミでは主にミクロ経済学について研究しています。2年生の秋学期では、先生もご執筆された『ミクロ経済学』(東京大学出版会)から分野を選んでミクロ経済学の基礎を学習し、グループ分け講義形式でアウトプットを行いました。3年生の春学期では、コロナ禍の社会における経済的影響について各自調査・分析をして週毎に報告しました。秋学期にはインゼミ大会、慶応大学との合同ゼミ大会に向けて共同研究を行い、大会にてプレゼンテーション・意見交換を行いました。また遊び心ある企画(お茶会やお寿司パーティー)も採用して頂けるので、ゼミ活動を楽しみたい人にもおすすめできます。

猪野先生ってどんな人?

猪野先生はとにかく賢くて優しいお人柄です!お若いながらも教科書の共著者になられる程聡明な方で、私たちが研究内容に関して相談した際にはすぐに的確なアドバイスをして頂けます。(その際私たちが想像していたはるか先のことまで分析されていて、頭の回転の速さに驚くこともしばしば。)一方で非常にフランクなお人柄でもあります。昨年度のゼミの時間中にお寿司パーティーや甲山の登山散策をするといった提案にも快く承認して下さり、ゼミを盛り上げようという取り組みに積極的に協力して下さいます。またいつも笑顔で生徒の趣味や雑談にも興味を持って話しかけて下さり、私たちのことをよく理解して下さるお優しい先生です!

ゼミの魅力や得たものは?

基本的に自分たちで決めた研究テーマに主体的に取り組むゼミなので、経済学の知識だけでなく自分で考える力も身に付けることができる所が一番の魅力です。2年生で学ぶ教科書は、最初は自分たちだけで取り組み分析し、その後先生に指導して頂けるのでミクロ経済学についてより理解を深めることができます。また研究のために必要な経済学の理解に向けて惜しみないサポートをして下さり、1人1人の研究内容にも的確なフィードバックをして下さるため毎回のゼミがとても充実しています。ゼミ内では頑張った人は頑張った分だけ評価して頂けるので、非常にやりがいのあるゼミだと思います。自分たちのゼミを自分たちの力で楽しいものにしていく挑戦がしたいといった人たちにおすすめです!

未来の後輩達へのメッセージ

猪野ゼミは勉強する時は勉強に集中、オフの時はお寿司パーティーやお茶会を楽しむなど、オンとオフがきちんとしているゼミです!そして自由な雰囲気のゼミなので、主体的に企画を行うとより有意義な時間を過ごすことができます。(猪野先生は生徒が提案した企画に積極的に参加してくださいます!笑)ミクロ経済学に興味がある!自分たちが主体となって楽しい企画をしたい!特にやりたいことが決まっていないけど何か勉強したい!そんな人はぜひ猪野ゼミにお越しください。ゼミ生一同、心よりお待ちしています!☺

〈+α〉

猪野先生はお酒が強く、料理に合うお酒を嗜まれるそうです。ビールやワインがお好きですが、最近は特に発泡酒を推していらっしゃるそうです。