2020年度紹介 小川 禎友ゼミ(研究演習Ⅰ)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2020年3月25日   更新  ]

研究はマジメに。遊ぶときはおもいっきり。

小川ゼミってこんなゼミ!

小川ゼミでは、家族の経済について研究しています。家族の経済?何それ?ってなる人多いと思います。具体的には、夫婦の離婚率や女性の働き方、家事・育児分担の現状などを経済の視点から研究しています。私たちが研究テーマにしているものは、 身近に感じられるものが多く、楽しいです!経済学部の授業で財政や企業について勉強する機会はたくさんありますが、家族の経済について勉強する機会はなかなかありません。あまり聞かない研究テーマでもあるため、実際に就職活動では多くの人事担当者の方が興味を示します!ゼミ生はそれぞれ独自のテーマを研究していて、どのテーマも面白いですよ〜!関心のある方はぜひぜひ。

小川先生ってどんな人?

小川先生は、親しみやすい先生です。研究発表では私たちよりも積極的に質問をして、その場の空気を盛り上げてくれます。発表後は必ずフィードバックを行い、私たちの発表を数を重ねるごとにより良いものにします。またごはん会やクリスマスパーティーなどでは、私たちのアイデアを尊重してくれます。先生とのごはん会は楽しいです!授業前にいつもコーヒーを買っているのが印象的です。コーヒー大好き先生です。まだ私たちに見せていない魅力が先生にはあるはずです。これからどんどんひきだしていきます…!

ゼミの魅力や得たものは?

小川ゼミの魅力は、研究テーマでもある家族の経済学を学べるところです。女性の労働問題や離婚後の財産分割問題など、自分たちの身近に感じられる問題や謎について研究することができます。また、ご飯会などのイベントを積極的に行っています。女12男7の19名で活動しており、みんな仲が良く和気藹々としています!この一年を通して、これから家庭を持つ際に必要となる知識や意外と知らなかった介護や税の仕組みなどについても学ぶことができ、今後活かすことができる知識の幅が広がりました。

未来の後輩達へのメッセージ

小川ゼミは昨年できたばかりのゼミで、1期生しかいないため、これからの小川ゼミ存続のためにも多くの人に入ってほしいと思ってます!また研究テーマが家族であるため、女性のゼミ生が多く在籍しています。女性の方はもちろんなのですが、男性の方にもたくさん入っていただけると嬉しいです!私たちの身近な家族についてともに研究し、ご飯会やその他のイベントを通じて親睦を深めていきましょう!みなさん、ぜひ小川ゼミへ!