外国語研修 岩槻 ひなの(いわつき ひなの)さん

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2019年11月28日   更新 ]
岩槻さん①

岩槻 ひなの(いわつき ひなの)

【研修地】
韓国
【研修先】
延世大学

プログラムへの参加動機

韓国人の友人は皆、日本語がうまくコミュニケーションの方法は常に日本語で十分でしたが、友人たちとより良いコミュニケーションを取りたいと思ったのでこのプログラムへの参加を決めました。

プログラムの内容(初日~最終日までの研修内容の概要を教えてください。)

はじめにクラス分けテストを受け、8クラスに分けられます。授業は全て韓国語で行われ、講師は現地の方です。リスニングとスピーキングの能力がとても伸びたと感じます。研修の最後には、テストが行われ、自分の実力を把握することができました。普通の授業以外にも文化体験学習のプログラムがあり、韓国料理や伝統工芸、K-POPダンスなど幅広い体験学習に参加することができました。また言語交換パートナーという制度があり、週に一度以上、延世大学の学生とともに過ごす時間があったことも良い経験になりました。

岩槻さん③

現地での生活を教えてください

平日は9時から13時で授業が行われ、午後は体験学習プログラムや言語交換パートナーと一緒に過ごす日もあれば、自由な時間を過ごす日もありました。寮では4人で1部屋を使っていましたが、日本人の方だけでした。しかし、お互いに韓国語を話したり、一緒に街に出かけたり、有意義な時間を過ごすことができました。

参加する為に必要な準備は?

ある程度の語学力を身につけておく方が、現地に行った時により良い成長に繋がると思います。検定などを受けておいて帰国後にもう一度検定を受けると成長が目に見えるので良いとも思いました。個人的には現地で行きたいところや経験したいことをリストアップしておくと休日を無駄にすることなく過ごせると思います。

さいごに(帰国後、経験を生かしてやりたいこと等)

岩槻さん②

今後は、韓国語の能力をもっと向上させて、留学生や韓国から来た人とのコミュニケーションに活かしたいと思います。また、近頃は日韓関係が良好ではなく、両国の交流が減っていく可能性がありますが、だからこそ正しい情報や相手の国の主張を正しく理解するために、韓国語の学習を継続させたいです。