2018年度紹介 東田啓作ゼミ(研究演習Ⅰ)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科 2018年3月31日 更新 ]

“「あなたらしさ」存分に発揮できるのが、東田ゼミ。”
東田ゼミ集合

東田ゼミ集合

東田ゼミってこんなゼミ!

 私たちは行動経済学、実験経済学、環境・資源・エネルギーについてミクロ経済学の観点から日々研究しています。
最も大事にしていることはオンオフの切り替えです。そこを切り替えることで普段のゼミでの統計学の学習や、ミクロ経済学についての専門知識を2回生の間に協力して進めます。ゼミの内容についてですが統計は全員で助け合いながら基礎を固め、ミクロ経済学については少人数に分かれ各班で発表し合い知識を詰めていきます。
研究も遊びも全力で!

東田先生ってどんな人?

 とにかく学生想いな先生です。勉強に厳しいのは、先生が学生時代に勉強をしなかった事を後悔しているからのようです。勉強や研究に関しての質問はもちろん、ゼミに関係のない話でも親身になって聞いてくれ、学生の無茶ぶりにも快く(?)応えてくれる先生です。この先生以上に、生徒のために時間を費やしてくれる先生は他にはいないです。

東田先生

東田先生

ゼミの魅力や得たものは?

 「ブラックゼミ」と噂されている東田ゼミ。2回生の秋からゼミでは統計学・計量経済学、ゼミとは別にサブゼミを行い、ミクロ経済学を生徒主体で進めます。このサブゼミが中々大変ですが、かなりやりがいがあります。3回生から研究班に分かれ、それぞれのグループで研究を進めていきます。しかし、ただ「ブラック」ではありません。研究班は違えど、ゼミ全体でハロウィン・クリスマス・飲み会など様々なイベントも開催します。やる時はやる。遊ぶ時は遊ぶ。つらいことも楽しいことも一緒に乗り越えて行くからこそ、先生含め、全員が仲の良すぎるゼミです!

ゼミ風景

ゼミ風景

未来の後輩達へのメッセージ

 経済学部のゼミは大学生活の半分を占めます。その中でも自分のやりたい内容に取り組んで頑張りましょう。環境経済や広告経済に興味のある人!東田ゼミが似合います。東田先生には私たちゼミ生と一緒に色々と考えてもらったり遊んだりして頂いています。きっと心から楽しいと思える学生生活が送れるでしょう。みなさんが東田ゼミに入って来られることを心待ちにしています。

その他

 東田ゼミには勉強だけでなく飲み会、ハロウィンパーティー、ゼミ合宿など楽しいイベントがたくさんあります。遊ぶときはしっかりと楽しみ、勉強するときは真面目に取り組むオンオフの切り替えがしっかりと出来るメリハリのあるゼミです。