2018年度紹介 田中敦ゼミ(研究演習Ⅰ)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2018年3月31日   更新  ]

やる時はやる!楽しむ時は楽しむ!

大阪手形交換所前にて

大阪手形交換所前にて

田中ゼミってこんなゼミ!

私たちのゼミは「金融」の勉強をしています。ゼミに入ってすぐの頃は基本的な金融の知識を身に付けるため、文献を使って勉強します。班を作って割り当てられた章を読み、その章の内容をまとめてプレゼンをします。3年生になると自分たちでグループを作りテーマを決めます。そしてグループで協力しながら研究を進め、論文を作成します。授業ではプレゼンや質疑をする場が多く設けられるので、プレゼン能力や人の話を聞いて理解し発言する力が身につきます。また学内での取り組みだけではなく、金融の最前線の現場に見学へ行く機会もあります。金融について幅広く学び多くのことを経験できるため、人間としても成長できるゼミです。そして学ぶだけでなく、楽しいイベントもたくさんあります。飲み会やタテコンはもちろん、合宿やバーベキュー、クリスマス会など年間を通じて自分たちで企画したイベントを行うことが出来ます。私たちのゼミは先生を含めみんな仲が良く、メリハリを大事にしているので多くの経験を積んで自己成長できるゼミです。

銀行の方をお招きしての講演会

銀行の方をお招きしての講演会

田中先生ってどんな人?

一人ひとりを大事にしてくれる、笑顔が素敵な学生思いの先生です。研究で行き詰まったり悩み事などがあるときに相談すると、忙しい中でも時間を作って話を聞いてくれて、適切で親身なアドバイスをくれます。そして研究の進め方や社会人として必要なマナーなどをたくさん教えてくれます。また学生と一緒に飲み会などのイベントにも積極的に参加してくれる、学生との距離が近い先生です。そしてなんといっても先生のトレードマークは「笑顔」です。いつも私たち学生を温かい笑顔で見守り、道に迷ったときは解決するためのヒントをくれます。頑張ろうとしている学生には必ず手を差し伸べてくれる、とても素敵な尊敬できる先生です。

みんなでバーベキュー

みんなでバーベキュー

ゼミの魅力や得たものは?

田中ゼミの魅力は実際に自分の目で金融の最前線の場所を見ることができるところです。日本の物価や金融システムの安定を目指し金融政策を行っている日本銀行や、たくさんの金融機関が約束手形や小切手などを持ち寄り交換決済を行う大阪手形交換所、また信託銀行など普段行くことができないような様々な場所に見学に行くことが出来ます。また実際に金融機関で働かれているOBOGの方々のお話を聞かせて頂ける機会もあります。金融の仕事を担う楽しさや難しさなど、働かれている人ならではの生の声を聞くことが出来ます。ゼミの活動を通して、文献やインターネットからは得ることができない「金融」の魅力に触れることで知識が養われます。

未来の後輩達へのメッセージ

ゼミは大学生活の中でとても大切なものなので、すごく悩むと思います。実際に私自身も勉強したい分野がたくさんあり、すごく悩みました。しかし今はこのゼミに入って本当に良かったと思っています。私がこのゼミに決めた主な理由は「金融やゼミの活動内容に興味があったこと」と「ゼミの先生が素敵で、尊敬できる先生だったこと」です。ゼミ選択において重要視する点は人それぞれだと思います。自分がどんな勉強をしたいのか、どんな活動をしたいのかを一生懸命考えた結果、選ぶゼミが「田中ゼミ」なら私はとても嬉しく思います。みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。