外国語研修 河原 妃南 さん

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2017年11月28日   更新  ]


河原妃南(かわはらひなみ)
【参加地】アメリカ
【研修先】ニューヨーク州立大学オルバニー校
     

プログラムへの参加動機

 将来海外で働きたいという思いがあり、大学生の間に海外インターンシップに参加し、将来海外で働けるだけの英語力を身に着けたいという目標があります。私は帰国子女でも英会話学校に通っていたわけでもなく、勉強の科目の中では英語という科目は苦手でしたし、もちろん英語を話したことなんてありません。しかし、このプログラムは英語の参加スコアのボーダーがなく自分にとってぴったりだと思い参加させていただきました。



研修先での様子

 4週間プログラムのうち、最初の二週間は関学生のみのクラスでグラマーとスピーキングの英語のクラスを受講しました。残りの二週間はオルバニー大学のインターナショナルクラスの生徒達に混ざり、テストに応じてクラス替えをしグラマーとスピーキングのクラスがあり、特にこのスピーキングのクラスは日本人がほとんどいない中で、オールイングリッシュんの厳しいルールが決められていたので、英語力を上げることはもちろん、他国の人とも友達になることができました。また、放課後には様々なアクティビティがありました。


河原さん②

現地での生活

 放課後は友達とよく最寄りのショッピングモールに買い物に行きました。休日はホームステイファミリーとジョージレイクや美術館に行きました。関学から留学したメンバーで1泊2日のニューヨークシティの旅行を計画し遊びに行きました。

河原さん①

参加する為に必要な準備

 自分から積極的に話す気持ちとアメリカンサイズに適応できる胃袋。

さいごに(帰国後、経験を生かしてやりたいこと等)

 私は初めに書いた通り海外インターンに参加したいです。帰国後のTOEFLではスコアを伸ばすことができ、中期留学に参加できることになりました。この中期留学を経て更なる英語力の向上と目標達成に近づいて行きたいと思います。