4大学夏季合同合宿

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2017年2月13日   更新  ]

 2016年8月10日~12日の3日間,われわれ加藤ゼミは東京都八王子市にて開催された4大学による夏季合同ゼミ合宿に参加しました.昨年同様,企業経済学や産業組織論に関する実証研究を行うゼミナール(当ゼミに加えて,京都産業大:沈政郁ゼミ・中央大学:羽田尚子ゼミ・長崎大学:山田和郎ゼミ)が集まり,日ごろの研究の中間報告を行いました.

 加藤ゼミ3年生は春学期より,5つのグループに分かれて研究を進めてきました.ゼミでは各グループの研究について問題点や改善点について指摘し合い,この夏の中間報告に向けて切磋琢磨してきました.
 初日は宿泊施設へのチェックインまで時間もあったことから,加藤先生も交えてサントリー武蔵野工場の見学ツアーに参加しました.製品ができる過程や企業の歴史について学ぶことができ,良い経験となりました.その後宿泊施設である八王子セミナーハウスへ向かい,夕食をとってからは翌日の中間報告に向けて各グループで打ち合わせを行いました.

集合写真

②

 翌日,1日かけて研究の中間報告会を行いました.自分たちの進めてきた研究を他大学の先生方や学生へ向けて発表することに慣れておらず,緊張を隠し切れない場面も見られましたが,実りあるたいへん良い経験ができたのではないかと思います.また,各グループの発表が終わるごとに質疑応答の時間を設けていました.そこでは他大学の先生方や学生からの質問,指摘に対して,的確な回答ができない場面も多々見受けられました.研究の内容や発表の見せ方についてなど,冬の合同研究発表会に向けてそれぞれのグループが見落としていた課題を発見することができました.

③

 夜には,宿泊施設内の会場にて4大学の先生方や学生が集い,親睦会を行いました.そこでは研究内容のことはもちろん,互いの私生活のことについても話し合うことができ,大いに刺激を受けました.

④

 今回の合同研究合宿(中間)では,他大学のグループの研究発表から吸収すべきことが多く見つかり,また各グループのフィードバックも頂いたことから,改善点が明確になりました.冬の合同研究発表会にてよりよい研究報告ができるよう,今回得た経験を普段のゼミ活動に活かしていきたいと思います.(加藤ゼミ3年生)