小林伸生ゼミ(研究演習Ⅰ・3年生)

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2017年2月23日   更新 ]

“よく学び よく学び よく遊ぶ”

小林ゼミ集合

小林ゼミってこんなゼミ!

 こばゼミといえばディベート!ですが、もちろんそれだけではありません。春・夏合宿、インゼミ大会や関関戦での研究発表、ゼミのOB/OGが多数駆けつける就活対策ミーティング等の真面目なものから、縦コン、追いコン、歓迎会、大同窓会、飲み会まで、たくさんのイベントがあります。こばゼミ12年の歴史はこのようなイベントを通じて、上下のつながりができることで受け継がれています。また何事にも全力・熱心に取り組むので、同期の仲がとっても深まるのも特徴です。かけがえのない仲間が手に入ったり、中には恋が芽生える人も……。「よく学び、よく学び、よく遊ぶ」というモットー通り、全力で勉強し、そして遊びも全力で満喫する充実感やメリハリに富んだゼミです!

ゼミ風景

小林先生ってどんな人?

小林先生

 学生に対して一生懸命で、何よりも知識が豊富。私たちがどんな質問をしても、常に新しい視点から解釈を提示してくれます。あだ名はキューピー。ディベート大会前のぶつかり稽古では無敗の強さを誇ります。流れるような立論から穴のない質問が続き、ゼミ生は必死に応戦するもヒヤッとする質問から目からうろこの新事実まで・・・。先生のこの強さは、経歴に由来しています。大学卒業後、シンクタンクを経て現職へ。考え方やゼミに対する姿勢は他のゼミとは一味もふた味も違うはずです。こんな無敵な小林先生。でもちょっとお茶目な一面も。お酒大好き日本酒大好き。飲み会もコンパも、学生の若いノリにじゃんじゃんついてきてくれます。合宿では学生時代に養った抜群の運動神経でチームを優勝に導くことも。先生の負けず嫌いに釣られて、私たちゼミ生もついつい夢中になってしまいます。勉強も遊びも全力でを体言した、まさにゼミのお父さん的存在です。

ゼミの魅力や得たものは?

 何と言っても、先生を含め全員がゼミに全力投球なところが1番の魅力です。勉強はもちろん遊びだって本気です!だから楽しいし頑張れる、そんな環境がこばゼミにはあります。また経済学部は男子の割合が高いですが、こばゼミは女子がとっても多いです。様々なカラーの学生が揃っており、すごく賑やかなところもこばゼミの魅力です。「大学生活=ゼミそのもの」と思えるような、ゼミ充な大学生活になること間違いなしです。  また、こばゼミから得られるものは「アウトプット能力」と「思考力」です。経済一のディベートゼミなので、考えを発信する力や論理的な思考力が身につくチャンスがたくさんあります。そして一緒に課題を乗り越える中で、真の仲間に出逢うこともできます。「一緒にいることが当たり前な、家族のような存在。でも刺激をもらえてお互いに高め合える仲間」これがこばゼミです!

ゼミ風景2

未来の後輩達へのメッセージ

 限られた大学生活を「充実したものにしたい、何かに打ち込みたい」と考えるあなた。「このままでいいのかなぁ」と不安を抱えるあなた。やる気さえあれば大丈夫!こばゼミに入れば、充実した価値ある学生生活になることを保証します。勉強、遊び、何事も全力で取り組む中で達成感、やりがいを共に共有し合える仲間をつくりませんか?こばゼミ一同、活気ある12期生に会えることを、楽しみにお待ちしています♪

さらに詳しく!

小林ゼミホームページ  http://kobayashi-seminar.my.coocan.jp/

こばゼミ集合