上村 敏之 ゼミ

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2017年2月20日   更新  ]

上村ゼミより

“学生参画型ゼミ”

上村ゼミ

上村ゼミってこんなゼミ!

ゼミ風景

 上村ゼミは「学生参画型」ゼミとして活動しています。と言うのも、”常に学生が主体的に企画し、参加するゼミ”だということです。授業は上村ゼミ生で運営し、その他の学外イベントも学生が主体となって企画します。また、ゼミ長、副ゼミ長以外にも全てのゼミ生が係につき、役職が与えられます。私達7期生の授業は、自分が興味を持った新聞記事についての要約と考察を3分間にまとめて話すスピーチ、チーム4~5人で研究内容(保育、医療、介護)をプレゼンテーション、そしてゼミ運営会議という流れで行われています。ゼミの時間でたくさん話す機会が設けられているため、社会に出て必要なプレゼンテーション力を身に付けることが出来ます。

上村先生ってどんな人?

 上村先生は、テレビのニュースにゲスト出演したり、新聞記事にコラムが連載されたり、内閣府で首相と会議するような、財政学の最前線で注目されている先生です。研究演習においては、様々な点から私たちの研究活動に的確なアドバイスをくださります。お忙しいにもかかわらず、ゼミ生に親身になって快く相談に乗ってくださります。そして、イベントにも全力で参加!今年3月に福井で行ったゼミ合宿でのドッチボール、先生はゼミ生に負けないくらい活躍していました!心優しく、学生思いの素晴らしい先生です。上村先生のもとで学ぶことによって、知識の幅を広げ、自分自身の成長にもつなげることができます。

ゼミの魅力や得たものは?

ゼミ生

 私たちのゼミは財政学を専門としています。ゼミ内で3チームに分かれて各テーマごとに研究し、春合宿、夏合宿を通してさらに研究を深め、WESTやISFJといった場で研究報告をします。このような場を与えられていることによって、社会人生活で活きてくるプレゼンテーション能力や、発言力等さまざまな範囲にわたる能力を得ることができます。また、勉強だけではなく、遊びにも全力なのが上村ゼミの魅力です。自分たちでハロウィンパーティー、クリスマスパーティー、飲み会、合宿などを計画し、盛り上げていきます。そのため、ゼミでの思い出は数え切れません。また同回だけではなく、縦コン、新年会など先輩たちと関わる機会も多く設けられています。

未来の後輩達へのメッセージ

 これまで上村ゼミに関してたくさんのことを書きましたが、これは今までの上村ゼミ生が創り上げたものです。なので、勉強も遊びも充実しているのが『上村ゼミ』ではありません。8期生が自由に自分たちの好きな『上村ゼミ』を創り上げてください。いいゼミにするもしないも、8期生次第です。上村ゼミでやりたいことがある人、学生生活に刺激がほしい人、卒業してからも集まれる一生の仲間がほしい人、ぜひ上村ゼミの説明会に足を運んでください。7期生が自信をもって上村ゼミの魅力について伝えます。2年半という長いようで短い時間を充実のあるものにしませんか?上村ゼミ生として会える日を7期生は心よりお待ちしています!!!

さいごに

 上村ゼミに入るだけではきっと充実したゼミにはなりません。このゼミを一言で表すと、学生が主体の学生参画型ゼミです。いいと思ったこと、やりたいと思ったことはゼミ全員の前で提案し、それを実行する場を自ら作って、自分たちで充実したゼミ生活を作っていくゼミです。もちろん例年のディベート、論文発表など与えられた場もありますが、それを成功への道へと作っていくのは自分たちです。もちろん、サポートは先生や、先輩、また同期の仲間がしてくれますが、各個人の責任を求められるゼミでもあります。自分次第で大学生活が変わります。将来への不安がある方はぜひ、みんなで切磋琢磨するために、個人を磨き上げるために上村ゼミへ来てください。

ゼミ生集合写真