第4回 小林ゼミ就職活動対策ミーティング

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2013年12月4日   更新 ]

小林伸生ゼミでは毎年、就職活動を控えた現役学生たちに、社会で活躍中のゼミOBOGがアドバイスを送る「就職活動対策ミーティング」を開催しています。今年は12月1日(土)にあり、OBOG約20名と3、4年生合わせた現役生約40名が集まりました。

ミーティングではまず、ひとつの部屋に参加者全員が集まり、OBOGが後輩たちに就活時の経験話と現在の仕事の話をプレゼン方式で紹介します。「学生の頃よりはるかに上手になっている」と小林先生も舌を巻くほどの営業などで鍛えられた表現方法に、現役生たちも真剣に耳を傾けていました。OBOGからは「エントリーシートは常に数値化して考えて」「就活は“関心力”」「大切なのは一生懸命に就活をすること。就活を一生懸命できない人に仕事はできない。就活は社会人になるための準備」など、多くのメッセージがありました。

その後、インフラ・公務、商業(商社/小売)、金融(銀行/生損保)、メーカー(B to B、B to C)、サービス・マスコミなどのグループに分かれて、業界ごとに違う入社時の経験や仕事内容に関してざっくばらんなフリーディスカッションを展開しました。

小林ゼミ就職活動対策ミーティング