ISFJ日本政策学生会議で研究報告【2011年度】

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2012年1月8日   更新  ]

研究報告の様子と集合写真

上村敏之教授のゼミ生(3年生)が、2011年12月18日と17日にあった全国の大学から経済・政策を学ぶ学生が集まり研究報告をするISFJ政策フォーラム(於:慶應義塾大学三田キャンパス)に今年度も参加し、以下の内容の研究報告を行いました。
ISFJとは、学生の提言で未来を創ることを目指して活動する非営利政策シンクタンク。政策シンポジウムや政策フォーラムといった活動を通じて社会に考えを発信している。また、その柔軟な考えを多くの人に伝え、広めることで、日本全体へインパクトを与えることを目標としている。

【2011年度の上村ゼミの研究報告内容】
『低所得者への財政支援:生活保護制度の見直し』
『対内直接投資の促進に向けて』
『世代間再分配による経済活性化』

※ ISFJの詳細については、以下のリンクを参照してください。

ISFJホームページ関連ページへのリンク