初めての日本を満喫-ベトナム人学生が栗田ゼミで学ぶ

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2011年12月6日   更新 ]

このページでは、Thao(タオ)さんのインタビューをご紹介しています。

Thao(タオ)さん

Q1:What was your first impression of Japan/Kansai?
(日本/関西の第一印象は?)
A1:My first impression of Kansai was that it is a fresh and clean area with many trees.
The people here are free to express their characteristics but they also respect the freedom of others.

(関西の第一印象は、たくさんの自然の囲まれたフレッシュでクリーンな地域だと思いました。一方で、人々は個性豊かに自分を表現し、他人の自由も尊重しています。)


Q2:What’s surprised you most about being a student in Japan?
(日本で学生生活を体験してみて、一番驚いたことは何ですか?)
A2:Before going to Japan, I thought that Japanese students are lucky because they can benefit from an excellent education system. However once I know more about them, I understand that for them, leaning is not easy and they also have to try their best in order to succeed.
(日本に来る前までは、日本の学生はとてもラッキーだと思っていました。彼らは、すばらしい教育システムの恩恵を受けているからです。しかし、実際の日本の学生を知ると、学ぶことは、それほど容易ではなく、成功のためにはベストを尽くさなければならないということが分りました。)

酒蔵見学にて

Q3:Who is the person you admire the most and why?
(最も尊敬する人物は誰ですか、またそれはなぜですか?)
A3:I must say that I admire Japanese people in general on the street, I seldom see trash basket but I see little or no trash at all. That is one example of the Japanese‘s self- consciousness, which I admire.
(日本の道端では、ほとんどゴミ箱を見つけることができなかったにも関わらず、少しもゴミが道端に落ちていなかったことに驚き、日本人のマナーのよさを尊敬します。このことは、日本人が自分を意識している故の行動のひとつの例であり、私が日本人を尊敬する理由です。)

ホームステイ先にて

Q4:What do you want to say to your future self?
(未来の自分にメッセージをお願いします)
A4:I want to say that “the world is waiting for you” it’s not difficult to travel around the world, Just do your best and opportunities will come.
(「世界はあなたを待っています。世界中を飛び回ることは難しいことではなく、全力を尽くしていれば、その時は必ずやってくる」と未来の私に言いたいです。)


Q5:Last of all, what’s the best memory during your stay in Japan?
(最後に日本での一番の思い出を教えてください。)
A5:My best memory in Japan is with my host family. I was treated with warmth and friendliness.
(私の日本での一番の思い出は、日本のホストファミリーです。暖かくフレンドリーに接してくれました。)

最後のページでは、最終日に行われたベトナム人学生によるプレゼンテーションの様子を紹介しています!ぜひ、ご覧ください。