ディプロマポリシー Diploma policy

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2013年7月22日   更新  ]

経済学部ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)  School of Economics Diploma Policy

【関心・意欲】

Interest/motivation

● 世界の様々な地域の人々や文化への共感する力を持っている。
● 他者と協力し、社会に貢献しようという意欲を持っている。
- Has the ability to empathize with people and cultures from various regions of the world.
- Has the motivation to cooperate with others and contribute to society on his/her own volition.

【知識・理解】

Knowledge/understanding

● 経済学の基本的な概念と理論的・歴史的な経済学的思考力を身につけている。
● 日本や世界の経済事情、歴史、言語や文化、そして宗教に関する基本的な知識を身につけている。
- Has acquired knowledge of fundamental economic concepts and a logical/historical mindset in the field of economics
- Has acquired fundamental knowledge of the economic situation, history, language and culture, and religion of Japan and other countries around the world.

【技能・表現】

Skills/expression

● 基本的な情報処理技術に基づいた、経済データ分析能力を備えている。
● 日本語および1つ以上の外国語の修得に基づいた、コミュニケーション能力を備えている。
- Is equipped with the ability to analyze economic data based on fundamental information processing skills.
- Is equipped with communication skills based on Japanese and the learning of one or more foreign languages.

【判断・問題解決】

Judgment/problem-solving abilities

● 経済学的思考力に基づいた、現実の社会や経済の事象についての判断能力を備えている。
● 現実の社会や経済のなかで課題を発見し、解決する能力を備えている。
- Is equipped with good judgment on today’s socioeconomic phenomena based on an economics mindset.
- Is equipped with the ability to identify and solve problems in today’s society/economy.