沿革・歴史・学びの概要

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2015年3月16日   更新  ]

沿革・歴史

 経済学部は、1934(昭和9)年に旧制大学の商経学部として生まれ、日本でも有数の長い歴史と伝統をもった学部です。激動する社会の生みだす新しい課題に取り組みながら、アカデミックな学風と自由闊達な気風とを生み出し、その創造性豊かな研究と教育によって、すぐれた卒業生をこれまで数多く社会に送り出しています。
 
 キリスト教主義に基づく人格の陶冶と経済学の専門知識や経済の背景にあるさまざまな文化やコミュニケーション能力を身につけることを通じて、自分自身を磨ける人間を育てようとしています。このような目的のために、幅広いカリキュラムが体系的に組まれ、より深く学ぶことができるように工夫されています。
 
 時代の流れとともに常にカリキュラムの見直しを行っており、 2012年度においても学生の多様なニーズに応えるための改正を行いました。授業科目は大きく「総合教育科目」「専門教育科目」とから構成されています。経済学部ではこれらの科目を通じて学生に幅広い視野で経済学を学んで欲しいと願っています。
 
 大学における教育・研究の目的は、変動する社会に柔軟に対応していくとともに、そのような世の中の日々の動きに流されない不変なものを追求し、目に見えないものを見る眼を養うことにあります。学生諸君が、このようなアカデミックな学風と自由闊達な気風のもと、人間性豊かな人格的交わりの中で、この目的を達成されることを願っています。


 The School of Economics was first established as a faculty of commerce and economics in the old-system university in 1934, having one of the longest histories and traditions as a faculty in Japan. It has tackled every new challenge that has arisen in our tumultuous society over the years while establishing an academic culture and a free-spirited atmosphere, and its creative research and education has yielded many alumni who have thrived in society.
 The school aims to foster individuals who can continue to better themselves through cultivation of character based on Christian principles, the learning of specialized economic knowledge and the various cultural factors that influence the economy, and acquisition of communication skills. For this purpose, a broad curriculum is systematically constructed for deeper learning.
 The curriculum has been continuously reviewed to keep up with the times; in AY 2012, another revision was conducted to respond to the diverse needs of the students. Subjects are largely divided into general education subjects and major-specific education subjects. The School of Economics urges students to learn economics with a wide perspective through these offered subjects.
 The purpose of university education and research is to foster those who adapt flexibly to the changing society while pursuing things that remain unaltered by the daily trends of the world, and to cultivate the ability to recognize what cannot be seen. The school hopes that students will achieve this goal while thriving in this academic culture and free-spirited atmosphere as well as experiencing deeply enriching relationships with fellow students and staff.

学びの概要

 人は、経済(モノとお金)の流れの中で生活をしています。この流れを倫理的、歴史的、政策的に分析しているのが経済学です。世界経済はめまぐるしく変化していますが、それらに柔軟に対応できる、幅広い科学の目を養うのが経済学部。現実の経済現象を十分に認識し、そのうえで実態を的確に分析。経済現象の理論的な分析はよりよい社会を構築するために不可欠であるという考えの下、課題を解決できる経済学的思考を培います。

①ゼミ教育について
 経済学部では、ゼミナール(ゼミ)と呼ばれる演習科目を特にに重視しています。ゼミは、学生自らが研究テーマを選び、担当教員のアドバイスを受けながら、ディベート、研究報告、論文作成等を通じて自主的に研究を進めていく授業です。これらに共通する目標は、学生が学問との真の出合いを通じて自らの知的視野を広げていくことにあります。ゼミは、研究の場であるとともに、同時に教員と学生、学生相互の人格的な交わりの場でもあります。3・4年次のゼミでは、自ら選んだテーマにそって研究を深めていき、卒業論文にその成果をまとめることになります。

【2021年度以降入学生】
3年次に専門演習、4年次に卒業研究演習(+卒業論文)が設けられています。
2年次には、3年次からのゼミ(専門演習・卒業研究演習)所属に向けて、自身の研究分野を見極めるためのプレ演習を開講しています。

【2013年度~2020年度入学生】
1年次に基礎演習、2年次(秋学期)に研究演習入門、3・4年次には研究演習Ⅰ・Ⅱ(+卒業論文)が設けられています。


【学生 Seminar Report】関連ページへのリンク

②論文賞について

  学生の自発的な学習、研究意欲の高まりを促進するものとして、経済学部では論文賞を設けています。
 基礎演習論文奨励賞(2020年度入学生まで)、優秀卒業論文賞、懸賞論文です。
 優秀卒業論文賞、懸賞論文に表彰された受賞者と論文タイトルは、毎年発行している「エコノフォーラム」に掲載しています。
 

エコノフォーラム 関連ページへのリンク