上村ゼミがISFJ日本政策学生会議で研究報告-12月11~12日

[ 編集者:経済学部・経済学研究科      2010年12月10日   更新  ]

上村ゼミの学生が研究報告する様子

 上村敏之教授のゼミ生たち(3年生)が、全国の大学から経済・政策を学ぶ学生が集まり、研究報告をするISFJ(http://www.isfj.net/)政策フォーラムで研究報告を行う。発表するのは3つの論文で「財政削減が続くODAの新開拓」「生活保障制度の再設計」「奨学金制度の政策評価」

■日時・場所:2010年12月11日(土)9時30分~16時20分
         お茶の水女子大学
■日時・場所:2010年12月12日(日)9時15分~17時45分
         慶応義塾大学(日吉キャンパス)
■報告者:関西学院大学経済学部上村敏之ゼミナール3年生
■報告論文:
 「財政削減が続くODAの新開拓」
 「生活保障制度の再設計」
 「奨学金制度の政策評価」

【上村ゼミからのお知らせ】
 -WEST論文研究発表会で最優秀論文を受賞-
上村ゼミの金田陸幸さん(経済学部3年生)率いる班の報告「生活保障制度の再設計」が、12月5日(日)大阪大学豊中キャンパスであったWEST論文研究発表会(財政金融分科会)で最優秀論文に選ばれた。
WEST論文研究発表会(http://www.west-univ.net/index.html)は、関西の大学から経済・政策を学ぶ学生が集まり研究報告を行う。