生命環境学部について

生命環境学部は、環境・食糧・健康など現代社会の課題解決に挑む力を身につけるべく、植物・昆虫・微生物などの機能分析から取り組む生物科学科、生命科学から医学応用まで学ぶ生命医科学科、化学からのアプローチで環境にやさしい社会の構築をめざす環境応用化学科で構成されます。実験科学とデータサイエンスを駆使した先進的な教育研究の拠点を構築し、生命環境分野の未来を担う人材を育成します。

学科編成

生物科学科
植物や昆虫、微生物まで、地球上に生きるさまざまな生物について生命現象のメカニズムや優れた機能を分子レベルで解き明かし、その活用を考えます。
生命医科学科
生命に対する健全な倫理観と専門知識を持って、医学・薬学・医工学分野に応用し、疾病治療や健康維持に貢献する知識や技能を身につけます。
環境応用化学科
分子レベルの物質合成から地球規模での環境調査まで、化学を使って「環境にやさしく豊かな社会を実現する未来技術」の創出をめざします。

学修・教育目標

1. 環境・食糧・健康など現代社会の課題解決に挑む力を養います。
2.実験科学とデータサイエンスを駆使した先進的な教育研究の拠点を構築します。
3.生物の機能分析を行う生物科学科、生命科学から医学応用までを探究する生命医科学科、環境にやさしい社会の構築をめざす環境応用化学科で構成。海外での実習など、問題解決型科目を導入しています。