2021.07.15.
食品ロス削減の実践例から知る!今だからこそ、できること~Withコロナの社会貢献・ボランティア~ を実施しました

食品ロス削減の実践例から知る!今だからこそ、できること~Withコロナの社会貢献・ボランティア~ PDFリンク

今だからこそ、できることがある!

7月15日(木)、オンラインでガイダンスを実施しました。
今回は、日頃からオンラインボランティアや大学生と協働で食品ロス削減に向けて活動されているNPO法人DeepPeopleの中尾さんをお招きしてお話を伺いました。
中尾さんご自身も学生時代に観光案内ボランティアをされていたご経験が今に繋がっていることや、ボランティアをする理由はどんなきっかけでもいいということなど具体的な体験談を踏まえてお話いただきました。また、現在オンラインでDeepPeopleの皆さんと一緒に活動している学生さんや、神戸三田キャンパスのコモンズプロジェクトを通じて社会貢献活動に取り組んでいる学生コーディネーターも登壇し、「コロナ禍だからできない、やらない」ではなく、「コロナ禍だからこそこれをやろう!」という動機から始まった様々な取り組みについて紹介されました。
それだけでなく、『食品ロス0自由研究コンテスト』『関西SDGsユースアクション』などのプロジェクトでは多様な世代のオンラインボランティアが活躍されたお話や、これから一緒に何かしたい!という学生がいたらぜひ一緒にやりましょうというお誘いもあり、充実した会となりました。
ガイダンスは教学Web(学内ポータル)の「お知らせ」でも7月16日付でアーカイブを公開しているので、ぜひご覧ください。

また、今回お話いただいたDeepPeopleさんと共催で、8月5日に「食べ残しNOゲームオンライン体験会」を開催します。
参加者大募集中ですので、ぜひご参加ください。
【8/5開催】SDGsを学ぼう!「食べ残しNOゲームオンライン体験会」参加者募集関連ページへのリンク

◎参加した学生の声
・今までボランティアをしたいとは思っていたものの、実際に行動できていなかったのでまずは近いうちにヒューマン・サービス支援室に行ってみようと思います。
・サーフィンをしているのでビーチクリーンなどの環境保護活動をしていきたいです。
・NPO法人の取り組みや、学生の活動についてしれたことで、自分も触発されました。

◎開催概要
開催日時:7月15日(木)12:50~13:20
参加者:学生39名、教職員2名 アーカイブ視聴数:45回(7月21日時点) 開催方法:Zoomでのオンライン開催
対  象:関西学院大学の学生、教職員
主  催:ボランティア活動支援センター ヒューマン・サービス支援室