<海外の5大学と共同>手話言語学、ろう文化、ろう研究等に関する講演動画の配信(全5回)

 
 アジア地域においての手話言語学の社会的認知と理解を進めることを目的に、 手話を研究しているアジア諸国の5つの大学 と連携を結び、手話言語学、ろう文化、ろう研究等に関するウェビナー講演を配信します。日本手話通訳は、NPO法人手話教師センターの、ろう通訳育成講座の修了生が担当してくださいました。アメリカ手話、音声英語、日本語字幕、日本手話の4言語でご覧いただけます。 是非ご覧ください。
 

第1回  [配信日:2021年7月20日]
 To Be or Not to Be Deaf : That is the Question(ろう者であるべきか、そうでないべきか)

Thomas K.Holcomb 氏
オーロニ・カレッジ(アメリカカリフォルニア州)教授。ろう者・聴者の学生を対象に、ろう文化・ろう教育・通訳に関するコースを担当。以前はサンノゼ州立大学(アメリカカリフォルニア州)、国立ろう工科大学(アメリカニューヨーク州)で教鞭を取る。 ギャロデット大学心理学学士課程修了、ロチェスター工科大学 Career and Human Resources Development 修士課程修了、ロチェスター大学 Curriculum and Instruction 博士課程修了。 主な著書に、Deaf Eyes on Interpreting (2018), Reading Between the Signs: Intercultural Communiction for Sign Language Interpreter (2014), Introduction to American Deaf Culture (2013), Deaf Culture, Our Way: Anecdotes from the Deaf Community (2011)など。また、マルチメディアのオンラインカリキュラム制作にも携わり、Strategies for Effective Deaf/Hearing Interactions (2021) や、See What I Mean: Diffeences between Deaf and Hearing Culture (2009) などがある。 

第2回 
 An overview of the transformation of Sign Language Interpreting as profession & research, & SLIS as a transformative field(職業、研究における手話通訳の変革と変革の場としての手話通訳学)

第3回 
 The Deaf Student Support Program at Griffith University, Old Australia
(グリフィス大学におけるろう学生サポートプログラム)

第4回 
 Use of Communication Strategies between Deaf Interlocutors from two Different Countries
(異国のろう者同士のコミュニケーション戦略使用について)

第5回 
 Where Sign Language Came from and are Going to: A Case Study of Miyakuobo Sign Language
(手話はどこからやって来てどこへ向かうのか:宮窪手話の事例から)