関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 人権教育研究室 > 2018年のイベント情報 > 公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」

2018年1月20日(土)
公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」

[ 編集者:人権教育研究室   2017年12月21日 更新  ]

■日時: 01月 20日 (土) 12時 30分  ~  18時 00分

■場所・開催地:西宮上ケ原キャンパス 大学図書館ホール


【プログラム】
第一部 基調講演  司会:河村克俊(関西学院大学)
「日本におけるヘイトスピーチの現状と対策」 師岡康子(東京弁護士会弁護士)
「ヘイトスピーチの被害の実態」       金 明秀(キム ミョンス)(関西学院大学教授)
「差別表現に対するインターネット対策-最近のドイツの立法を参考にして」
                      金 尚均(キム サンギュン)(龍谷大学教授)

第二部 シンポジウム「インターネットとヘイトスピーチ」
司会:中川慎二(関西学院大学)、郭 辰雄(カク チヌン)(コリアNGOセンター)
基調講演スピーカー+指定討論者 菅原 真(南山大学教授)

第三部 関連団体のアピール  司会:藤井幸之助(猪飼野セッパラム文庫主宰)

*参加無料、申込不要(どなたでも参加できます)
*研究会の詳しい内容等については、添付のPDFファイルをご覧ください。

主催:関西学院大学人権教育研究室共同研究「ヘイトクライムに関する基礎研究-日本とドイツの比較」
共催:特定非営利活動法人 コリアNGOセンター、公益財団法人 神戸学生青年センター
協力:一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

■お問い合わせ
人権教育研究室
TEL 0798-54-6720  E-mail human-rights@ (@以下はkwansei.ac.jp)

このページの先頭に戻る