山本 雅代(やまもと まさよ) 教授<M・D>

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2019年3月14日   更新  ]

博(教育)・MA

研究内容

「バイリンガリズム」を専門に研究しています。バイリンガリズムは、言語学、社会言語学、心理言語学、神経言語学、教育学あるいは政治学など様々な学と関わりをもつ学際的学問分野です。バイリンガルはどのようにして2つの言語を習得し、貯蔵し、処理し、また使用しているのかといった個人レベルの言語活動のメカニズムから、異言語集団が接触するところに生起する言語変容などの社会レベルでの実態把握や分析など、大変広範な研究課題を提供しています。私はその中でもとりわけ、生後直後から2つの言語とかかわりを持つ同時バイリンガルを対象とした「第1言語としてのバイリンガリズム」の研究を専門とし、現在は、そうした子どもの言語習得の過程や言語使用の様態を言語学、心理言語学、社会言語学の立場から研究しています。単一言語話者と比較し格段に複雑な言語活動を行っているバイリンガルの研究は実に魅力に富んでおり、こんな面白い学問にかかわれて実に幸運だと思いながら研究を進めています。

Webサイト : バイリンガリズム