2019.02.16.
西日本豪雨ボランティアバス活動報告&レモネード大作戦!@子どもセンターさぽさぽ

2月16日(土)、西宮聖和キャンパスの「子どもセンター さぽさぽ」にて、支援室主催で実施した「西日本豪雨水害ボランティアバス」の活動報告を行いました。さぽさぽでは子ども預かり事業をしています。利用しているお母さん方は災害支援への関心が高く、バザーで集めたお金を被災地へ寄付として届けているとのことです。

職員からボランティアバスの活動概要を話したのち、学生からは現地で実施した家屋の清掃や泥かきの様子、参加した感想などを話しました。「実際に行ってみて自分の目で見て肌で感じたことで、大変なことが起きたことを実感しました。」「少しずつでも継続して支援できることを考えたい、関心を持ち続けたいと思います。」などの学生の感想をお母さん方は頷きながら聞いていました。

また、この日は有志の学生が「レモネード大作戦」と題したチャリティー活動を行いました。「レモネード大作戦」は2018年10月に生協祭で行ったことがあり、今回が2回目の活動となります。販売したレモネードの売上金(7,000円)を西日本豪雨水害の支援金として寄付します。

有志の学生たちはこの日を迎えるまでに何度もミーティングを重ね、来ている子どもたちに「レモネード大作戦」の看板を作ってもらうなど、「さぽさぽ」ならではの活動ができるように工夫していました。今後も学生たちの「被災地のために何かしたい」という思いを形として実現できるように、一緒にできることを考えていきたいと思います。

◎詳細

〇実施日時
 2月16日(土) 13:30~15:30

〇場所
 西宮聖和キャンパス 子どもセンター さぽさぽ

 

関西学院大学 子どもセンター別タブリンク