第8回熊本地震現地ボランティア

日時:
2018年02月23日(金) 00時00分 ~ 2018年02月27日(火) 00時00分

2016年4月14日、16日、熊本や大分を立て続けに襲った震度7という大きな地震は、甚大な被害をもたらしました。この地震が発生した直後から「被災地のために何かできないか」という声が多く関学生から上がり、ヒューマン・サービス支援室(以下、支援室)では有志の学生とともに、東日本大震災での経験を生かして、現地でのボランティア活動を行ってきました。日々変化する被災地と、被災者の方々の一日でも早い復興につながることを願って、1人ひとりが考え、被災者に寄り添った活動を行っていきます。
≪活動期間≫
2018年2月23日(金)夕方~27日(火)朝  ~現地2泊、船中2泊~

≪活動場所≫
熊本県益城町内の仮設団地(木山仮設、馬水東道仮設、安永仮設)など

≪活動内容≫
住民の方との交流など ※一部、参加学生が考案した企画を実施

≪募集方法≫
・応募期間:12月11日(月)~18日(月)16:50
・応募方法:メール ※詳細は「応募方法」参照
・募集人数:20名  ※応募者多数の場合は、抽選を行います。
・参加者発表:12月20日(水)15:00 教学webにて

応募活動の詳細については、教学webの募集要項をご覧ください
募集は終了しました

第8回熊本チラシ[ 614.94KB ]PDFリンク

一覧に戻る