支援室の役割

[ 編集者:ボランティア活動支援センター       2017年3月14日   更新  ]

ボランティア活動・教育に関する方針

関西学院内のさまざまなボランティア活動に関する情報の収集・発信を行うと共に、ボランティア活動を活性化させ、同時に関西学院と地域の開かれた関係を築くことによって、関西学院のスクールモットー「"Mastery for Service"を体現する世界市民の育成」を図る。

ヒューマンサービス支援室は、大学の 「内」「外」に向けて以下の役割を果たします

【大学に向けて】

大学全体に対して

■ボランティアに対する情報の提供(パンフレット作成・配布)

ボランティアをしたい学生に対して

■ボランティア情報の紹介(外部団体からのチラシなど)
■ボランティア活動についての相談(心構えや不安など)

ボランティアしている学生・団体に対して

■活動情報の発信のお手伝い(チラシの掲示など)
■現在の活動についての相談(運営方法・外部資金情報など)
■団体間の情報交換(フォーラムの開催など)

ボランティアに関して相談のある部局に対して

■情報の提供や連携先の提案など

【大学に向けて】

ボランティアをしてほしい団体に対して

■活動情報の発信のお手伝い(チラシの掲示など)

また、災害発生時において、ボランティア活動支援センターにて、緊急対応が決められた場合、適宜、その対応に沿った活動を担います。