関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > キリスト教と文化研究センター > 2006年のニュース > 第32回 RCCフォーラム:「東北アジアの平和と日本の役割...」

第32回 RCCフォーラム:「東北アジアの平和と日本の役割...」

  •         

[ 編集者:キリスト教と文化研究センター   2006年10月11日 更新  ]

第32回 RCCフォーラム:「東北アジアの平和と日本の役割...」

以下のとおり、RCCフォーラム(第32回)を開催します。

日 時: 2006年10月13日(金)11:10~12:40
場 所: 関西学院会館ベーツチャペル(西宮上ケ原キャンパス)

テーマ: 「東北アジアの平和と日本の役割-韓国キリスト者からの提言-」
講 師: 呉 在植(Oh,Jae-Shik)氏 【韓国アジア教育院 院長】

※ どなたでも聴講できます(無料)。
  お問い合わせはキリスト教と文化研究センター(tel.0798-54-6019)まで。

■ 講師紹介: 呉 在植 氏
 国立ソウル大学(学士)、エール大学(神学修士)、韓国学生キリスト教連盟総幹事、アジアキリスト教協議会・都市農村伝道部会幹事、韓国キリスト教協議会訓練センター長、韓国キリスト教協議会平和統一委員会委員長、韓国キリスト教協議会第3部会代表幹事、韓国ワールドビジョン代表幹事、ソウル聖公会大学NGO学客員教授(2003年から現職)、アジアインスティチュート代表幹事(2006年から現職)、現職・韓国アジア教育院院長。



このページの先頭に戻る