関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 東京丸の内キャンパス > 2019年のニュース > 第13回グローバル・カフェ「『冷戦後』の終わりを考える」(7月13日(土))

第13回グローバル・カフェ「『冷戦後』の終わりを考える」(7月13日(土))

  •         

[ 編集者:東京丸の内キャンパス   2019年5月16日 更新  ]

第13回グローバル・カフェ

テーマ:「冷戦後」の終わりを考える

米ソ両国指導者による冷戦終結宣言から今年で30年。米主導の「新世界秩序」や「民主主義の勝利」といったユーフォリア(陶酔感)は消え去り、いまやリーダー不在の「Gゼロ」とも言われる時代である。米国と中国、ロシアとの「新冷戦」も現実味を帯びてきた。国際情勢の変化とその意味を中長期の視点で考えてみたい。

セミナーの概要

■講座名: 第13回 グローバル・カフェ

■テーマ: 「冷戦後」の終わりを考える 

■日 時: 2019年 7月13日(土) 14:00~16:30

■会 場: 関西学院大学東京丸の内キャンパス
       東京都千代田区丸の内1‐7‐12 サピアタワー10F

■定 員: 50名 (先着順受付)

講 師

メインスピーカー:小池洋次 GPRC代表・関西学院大学フェロー 

1950年生まれ。横浜国立大学経済学部卒、1974年、日本経済新聞社入社。シンガポール支局長、ワシントン支局長、国際部長、日経ヨーロッパ社長、論説副委員長を経て、2009年から関学総合政策学部教授、2019年4月から現職。著書は『アジア太平洋新論』(日本経済新聞社)、『政策形成の日米比較』(中央公論新社)、『政策形成』(ミネルヴァ書房)など。

お申し込み方法

申込受付は終了しました。

会場へのアクセス

お問い合わせ先

お問合せ: メール hrkoike1022@yahoo.co.jp もしくは jyuku-tky@kwansei.ac.jp

クリックで拡大画像を表示
グローバル・カフェ

グローバル・カフェ

このページの先頭に戻る