関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 東京丸の内キャンパス > 2018年のニュース > 国際情勢分析講座「日本農業の将来を、どのように描けばいいのか ~齋藤 健農林水産大臣と語り合うタウン・ミーティング~」

国際情勢分析講座「日本農業の将来を、どのように描けばいいのか ~齋藤 健農林水産大臣と語り合うタウン・ミーティング~」

  •         

[ 編集者:東京丸の内キャンパス   2018年1月10日 更新  ]

「国際情勢分析講座」の案内

日本の農業は、グローバル化、高齢化、過疎化の大波に翻弄されようとしている。高品質の農業商品を作り出しても、すぐに外国の物まね商品が出回る。農家は後継者不足に悩み、耕作面積は減少の一途を辿る。山間の農地は僻地化し、農村人口は常に減少圧力に晒される。日本の農業は、こうした「今そこにある危機」をどう切り抜けて行けるのだろう。この状況を、都市部在住の我々は、どのように受け止め、どのような対応を政府に望むのか。
今回の国際情勢分析講座はこれまでと趣を変え、参加者が担当大臣に直接その実情を問う、タウンミーティング形式の企画です。皆様の参加と積極的な意見交換を期待します。

                  コーディネーター:関西学院大学 フェロー 鷲尾友春

セミナーの概要

■テーマ: 「日本農業の将来を、どのように描けばいいのか
~齋藤 健農林水産大臣と語り合うタウン・ミーティング~」


  挨拶: 関西学院大学  鷲尾 友春  フェロー
  講師: 齋藤 健 氏 (農林水産大臣)
 
■開催場所: 関西学院大学 東京丸の内キャンパス「ランバスホール」
        東京都千代田区丸の内1丁目7-12 サピアタワー10階
      (東京駅日本橋口すぐ、東京メトロ大手町駅B7出口直結)

■日程: 2018年2月8日(木) 18:00-20:00

■定員: 70名 *要申込・先着順。定員に達し次第終了します。

■参加費: 無料

■場所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス
     東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階

お申し込み方法

下記リンク内のフォームからお申込みください。

受講票は発行致しませんので、当日はお申込みいただいたアドレス宛送付される「申込み受付完了通知」を参照の上、当日ご参加ください。

会場へのアクセス

お問い合わせ先

関西学院大学 東京丸の内キャンパス
   木村、吉村
TEL:03-5222-5678(平日:10:00~18:00)
FAX:03-5222-7033(24時間受付)
E-mail: open-seminar-tk@kwansei.ac.jp

クリックで拡大画像を表示
国際情勢分析講座2018年2月講座

このページの先頭に戻る