関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 東京丸の内キャンパス HOME > 2013年のニュース > 第2回世界市民グローバルフォーラム 2/2(土)開催

第2回世界市民グローバルフォーラム 2/2(土)開催

[ 編集者:東京丸の内キャンパス   2013年1月18日 更新  ]

軍縮による世界平和の実現-若き世界市民への国連からのメッセージ

■日時: 2013年02月02日(土) 10時 30分 ~ 12時 30分
■場所・開催地:東京ステーションコンファレンス5階 サピアホール(関学大東京丸の内キャンパス入居ビル)

 関西学院大学はスクールモットー“Mastery for Service(奉仕のための練達)”のもと国連や国際機関と連携した教育、研究、国際貢献を積極的に展開しています。
 今回、国連から軍縮担当上級代表アンゲラ・ケイン氏を招き世界市民グローバルフォーラムを開催します。基調講演やパネルディスカッションを通じて、世界平和の実現に欠かせない軍縮という視点から、将来グローバルな活躍が期待される若者へ国連からのメッセージをお伝えします。
 本学ではこれまで「国連学生ボランティアプログラム」等、国連と協調した教育プログラムを実施し、グローバル人材の育成を進めてきました。この「国連学生ボランティアプログラム」参加学生の中に育成すべき人材像を見出し、実践型“世界市民”育成プログラム」をスタートさせます。これらの取組により、平成24 年度文部科学省グローバル人材育成推進事業(全学推進型)に採択されました。本フォーラムは同事業と関西学院創立125周年記念事業の一環で開催します。

■参加費:無料
■言語:日本語および英語(日英同時通訳あり)
■定員:200名
■事前申し込み:下記リンク先(www.kwansei.ac.jp/c_ciec/c_ciec_005222.html)または下記添付チラシにある申し込み用紙に記入し、FAX(0798-53-3324)で申し込みください。

【基調講演】
アンゲラ・ケイン氏(国連軍縮担当上級代表)
ドイツ出身。ミュンヘン大学、ブリンマーカレッジ、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で学ぶ。国連にて政務、平和維持、軍縮等の分野で活躍し、2005 年から2008 年は政務担当の事務次長補としてアフリカを除く地域の紛争予防と解決に携わる。2008年から2012 年まで事務次長(管理局長)を務め、2012 年3 月より軍縮担当上級代表に就任。2012年8月9日長崎平和祈念式典にて潘基文事務総長のメッセージを代読した。

【プログラム】
■開会挨拶 井上琢智 関西学院大学学長
■講演者紹介 神余隆博 関西学院大学副学長

■基調講演 アンゲラ・ケイン 国連軍縮担当上級代表
「軍縮による世界平和の実現ー 若き世界市民への国連からのメッセージ」
■パネルディスカッション
アンゲラ・ケイン 国連軍縮担当上級代表
阿部信泰 日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター所長
吉田文彦 朝日新聞社 論説副主幹
神余隆博 関西学院大学副学長

■トークセッション
アンゲラ・ケイン 国連軍縮担当上級代表
神余隆博 関西学院大学副学長
関西学院大学学生
実践女子学園中学校高等学校生徒
関西学院千里国際高等部生徒

このページの先頭に戻る