HOME > 大学院 言語コミュニケーション文化研究科 HOME > スターリング大学ダブルディグリーコースについて

スターリング大学ダブルディグリーコースについて

  •         

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科   2017年8月4日 更新  ]

世界中の留学生が集う英国スターリング大学で学び、両大学の修士号を取得する

スターリング大学ダブルディグリー

<2つの修士号を取得できるダブルディグリーコースです>
関西学院大学大学院からスターリング大学大学院に2セメスター留学し、所定の単位を修得して双方の修士論文審査に合格することによって、両大学の修士号を取得できる制度です。

<TESOLを専攻し英語教育を学ぶことができます>
世界各国の留学生と机を並べながら、最新の研究動向に精通したアカデミックスタッフのもと、英語教育の実践的テクニックと、その裏付けとなる理論を学ぶことができます。

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages) 英語の非母語話者への英語教授法。スターリング大学では、モジュール(科目)選択の組み合わせによって、TESOL、TESOL Applied Linguistics、TESOL Computer Assisted Learning の3つから、取得する修士号(MSc) を選ぶことができます。

概要は、以下の添付ファイルをご覧ください。

なお、当コースに入学するには、「スターリング大学ダブルディグリーコース入学試験」を受験し、合格する必要があります。
入試に関する詳細は、以下のリンクより入試要項をご確認ください。

【お問い合わせ先】
関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科
TEL:0798-54-6180

このページの先頭に戻る