進路・就職

[ 編集者:大学院 言語コミュニケーション文化研究科       2018年7月11日   更新  ]

進路・就職

 本研究科前期課程修了者の進路は、就職(前職への復帰・現職の継続含む)が一番多く、その他本研究科後期課程や他の大学院に進学する人もいます。就職者においては、学校関係(中学、高校、短期大学、大学、専門学校などの言語教育担当教員)への就職が多いことが特徴です。