関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > キリスト教と文化研究センター > 2006年のニュース > RCCミニフォーラム:「天理教の聖典について」

RCCミニフォーラム:「天理教の聖典について」

  •         

[ 編集者:キリスト教と文化研究センター   2006年10月11日 更新  ]

RCCミニフォーラム:「天理教の聖典について」

以下のとおり、RCCミニフォーラムを開催します。

日 時: 2006年10月26日(木)16:50~18:20
場 所: 関西学院吉岡記念館2階研修室1(西宮上ケ原キャンパス)

テーマ: 「天理教の聖典について」
講 師: 東馬場 郁生 氏(天理教校研究所 研究員)

※ どなたでも聴講できます(無料)。
  お問い合わせはキリスト教と文化研究センター(tel.0798-54-6019)まで。

■ 講師紹介: 東馬場 郁生 氏
1960年生まれ。1983年天理大学英米学科卒業。1987年米国シカゴ大学大学院宗教学科修士課程卒業(M.A.)。1997年米国バークレー神学校連合大学院(Graduate Theological Union, Berkeley)宗教学科博士課程卒業(Ph.D.)。専攻は比較宗教学。現在、天理教校研究所研究員の傍ら、天理教校本科と天理大学で天理教学と宗教学の授業を担当。著書にChristianity in Early Modern Japan: Kirishitan Belief and Practice (E.J. Brill, 2001)、『きりしたん史再考ー信仰受容の宗教学』(天理大学おやさと研究所、2006年)がある。現在の関心は、ポストエリアーデ期の宗教研究方法論、日本におけるキリスト教受容の通史的研究など。

PDFファイル
miniForum_チラシ
このページの先頭に戻る